フリマアプリ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フリマアプリ」の項目を執筆しています。

フリマアプリ(flea market application)とは、スマートフォンなどの電子機器で簡単に物を売買できるアプリである。沢山の種類があり、なかには日本国民の80%が利用していると宣うサービスも存在する。

概要[編集]

少子高齢化が進み、災害も絶えない日本では大人の事情で実家の片づけに駆り出される若者たちが急増した。昔なら全部ゴミの回収に出せばいいのだが、現代ではそういうことをすると確実に環境保護団体等から「もったいない」と非難されるのは必定である。そしてゆとり世代の若者たちはコミュニケーション能力がないどころか電話のかけ方も知らないので廃品回収業者に頼むことすらままならない。そこで各種市民団体からの非難をかわしつつ超簡単に不用品を処分する手段としてフリマアプリが登場し、盗品[1]なども含めて物流と資源の循環を加速している。

メジャーなアプリ[編集]

など。どれもカタカナばかりであるため高齢者には不親切だという批判もあるが、そういう年代の方はフリマアプリを使わずに遺品家財整理業者とか市役所行政代執行に頼めばいいだけなので全く心配ない。カタカナが苦手なバカにはわかりづらいのではないかという懸念もあるが、そういうバカはそもそも出品する物がないので誰も気にしない

各サービスの紹介[編集]

メルカリ[編集]

メルカリとは舐める青酸カリ。つまりダークウェブである[要出典]Torなどのブラウザを利用して入ることが推奨されている。

ラクマ[編集]

楽々マーケットの略だとされているが、楽々麻薬の略だという説もある。いずれにせよの保養になる薬が豊富に取り扱われているのは確実である。

PayPayフリマ[編集]

文字通りPayPayで決済できるフリマアプリであり、2019年に起きたペイブームの火付け役である。PayPayが使えるということで、金額計算のできないゆとり世代から絶大な支持を得ていた。日本で唯一PayPayが使えるフリマアプリとして他社との差別化を行っていたが、最近ヤフオク[2]もPayPayを導入したため、戦略転換を含めて対策を迫られている。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

使用法[編集]

ここからは各社のアプリに共通する使用法について解説する。

出品物の撮影[編集]

InstagramなどのSNSを使い慣れた若い世代にとって撮影はたやすいことだが、カメラが使えない方々や撮影弱者たちはブックオフとか質屋に流れている模様である。

説明文の記入[編集]

出品物を撮影したら、次は出品物の状態や使い方などを説明する文章を作成しなくてはならない。文章の書き方を教わっていないゆとり世代の若者たちにとっては最大の難関であり、これをクリアできなかった人々も質屋などに流れているようだ。一方で、文章は苦手だが何としてでも出品したい人たちのために大学では作文講座が開講されている他、ウィキペディアアンサイクロペディアなどといった作文の無料練習場が用意されている。そのうちフリマアプリがユーモアにあふれた説明文で満たされることだろう。

脚注[編集]

  1. ^ フリマアプリを使えば銀行を介さずにマネーロンダリングできるので非常に便利である。
  2. ^ ちなみにヤフオクはYahoo オクタニトロキュバンの略であり、オクタニトロキュバン並みに爆発力のあるヒット商品を多数扱っている。

関連項目[編集]

NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
フリマアプリの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)