ブレインストーミング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ブレインストーミング」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ブレインストーミング」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ブレインストーミング」の記事を執筆しています。

ブレインストーミングとは、脳に物理的な刺激を与えてアイデアの発生や記憶の定着を促す新しい大脳活用法の一種。

概要[編集]

古来より記憶や人格は脳ではなくに宿るとされてきたが、これは宗教的な都合が大きい。すなわち人体には「神の領域」が存在し、人間が触れることが出来ない[1]その場所にこそ真理がある、とされていたのである。例えばキリスト教では人体に「魂の宿る空洞」があるとされていたと言う[要出典]

しかし時代が下り、宗教的タブーに囚われず医学を発展させようという動きが活発化するようになると、それまで聖域だった精神等の研究も一気に進むことになる。その結果として記憶や人格は脳内に収納されている事や、物理的な刺激によりそれらを制御できる事[2]が判明した。ブレインストーミングはその研究から生まれた手法であり、頭部からの間接的な刺激や開頭等して直に脳を刺激してその能力を高めようという狙いで行われる。

なお、議論において批判反対 反対されないために悪用される場合がある[不要出典]

ブレインストーミングに関する考察[編集]

舌を使ったブレインストーミング。

ブレインストーミングに決まったやり方は無く、「脳髄を掻き回す」という邦訳の通り脳に刺激を与えさえすれば良い。例えば間接的な刺激として頭を小突きながら言い聞かせて記憶を定着させる、逆に頭部を重い灰皿で刺激して記憶を定着させなくする直接脳に微弱な電流を流して人格改善を試みる、画像のように舌を使う、などこれらは全てブレインストーミングとして扱われる。またビジネスシーンや教育だけでなくリラックス効果や性感増強を求めて行われる場合もあり、これらのケースではカジュアルなイメージを持って語られるのが殆どである[3]


全体的に間接的な手法では効果が緩やかであり、定期的に行う事で効果を定着させる必要がある。逆に直接的な手法は速効性があるものの、医学的な素養が必要とされる。状況や立場に応じて、最適な方法を選択する事が望ましい。

脚注[編集]

  1. ^ 多くの宗教において、死体の解体を含め人体内部構造へのアプローチは禁止されている。その為宗教書の記述から推測するしか無く、医学の発展速度は文化全体の中では遅れることが多かった。
  2. ^ 第二次世界大戦下のドイツでは、脳の一部を切除し苦痛を取り去る所謂ペインクリニックの源流が生まれている。
  3. ^ 中にはブレインストーミングそのものがセックス扱いされる事も。

関連項目[編集]


やめられない、止まらない この記事「ブレインストーミング」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)