プラトン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古代ギリシアの哲学者プラトン

プラトンΠλάτων (Plato), 紀元前427年 - 紀元前347年)は古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子で、アリストテレスの師。プラトンの本名はアリストクレスである。アカデメイアという名で学校を開いたため、プラトンの後継者はアカデメイア派と呼ばれる。

概要[編集]

プラトンとアリストテレスの思想は西欧の哲学の大きな源流となった。ドイツの哲学者のハイデガーなどは、「西洋哲学などはみんな、プラトンとアリストテレスの注釈にすぎない」と断言した。これはつまり、二次元理想主義三次元現実主義の大きな2つの流れのことである。事実、ハイデガーの著作のほとんどが、ギリシア語の語源を元にしたダジャレとその解説で埋められている。

プラトンは政治の世界に挫折した後、哲学の道に進んだために、哲学の分野においても野心家であった。ある時、哲学史上ライバルになるとおもわれたデモクリトスの著作を、すべて買い占めて燃やしてしまおうと画策したことがある。当時、デモクリトスは古代ギリシアでもっとも著作の多い哲学者であった。伝説では、心ある人がプラトンの企てをなんとか思い直させたことになっているが、どうした訳か、現在デモクリトスの著作は断片をのぞいて現存しない。一方、プラトンの著作については、彼が書いた以上の数の作品が残っている。つまり多くの贋作やパスティーシュがある。プラトン、やるときはやる男である。

思想[編集]

プラトン(左)が天(二次元)を、アリストテレス(右)が地(三次元)を指し示している。

イデア[編集]

プラトンの思想は、何よりもまずその独特な「イデア」論が有名である。イデアとは、理想の二次元世界のことである。彼は、現実世界の他にもう一つ「イデア界」というものがあると信じた。ここまではそれでもよかったのだが、さらに彼は進んで「イデア界こそ真の世界である」と主張した。つまり彼は「二次元」論者だったのである。現実には触れられぬがゆえに汚されない、架空の美少女こそが無垢で美しい!というプラトンと、現実にあれやこれや触れられぴーできる美女こそが最高!と信じるアリストテレスの間で激しい「二次元・三次元」論争が起こったことは有名である。

「二次元・三次元」論争は互いに平行線のまま決裂してしまった。

その影響は後世にまで及び、ユダヤ教はもともと天国の概念を持たなかったのであるが、そこから生まれたキリスト教はプラトンの二次元イデア論に触発されて壮大な天国観を構築することになるのである。

プラトニック・ラブ[編集]

肉体を介さず、精神的な絆で結ばれた者同士の愛のことである。これは三次元と二次元と次元の違う者同士の愛によってもっとも適ったものとなった。彼ら・彼女らの多くは至福の天国においてその汚れなき愛情を温めあっている。

哲学は「知への愛」であり死の準備[編集]

プラトンは著作の中で師ソクラテスの「知への愛」を伝えた。探究心をもつこと。「知恵(ソフィア)」を愛することからフィロソフィー(哲学)の語源になった。余談だがこれが遠く離れた「愛知」の由来であることは有名である。アリストテレスと反対に感覚は不確実で不浄だと考えていたプラトンは、『パイドン』で生きているうちから妄想観想にふけり、二次元たるイデアの世界に馴染んでゆくべきだと説いた。それは若人たちへの「妄想観想をたくましくせよ!」とのエールであった。死ぬときは真の世界たる二次元の世界に還ってゆくのであるから、生きているうちから魂が二次元と同化することがスムーズな移行となるだろう、というのである。

原始共産制[編集]

プラトンは、世界で最初の、そして最強の共産主義者である。後年、共産主義者たちは、生産手段の共有を主張したが、プラトンはその理想国家論において、人間を生産する手段である女性についても共有にすべきだと主張した。モノとヒトの生産を社会化すべきだと、性の分野で踏み込んだユートピア主義者はプラトンをのぞいては、シャルル・フーリエぐらいしかいない。彼ら以外のユートピア主義者は、大抵の場合、ユートピアの住人たちに、放埒よりは禁欲を強いたのである。

著作[編集]

  • パイドン
多くの弟子たちが二次元が上か、三次元が上か、二組に分かれて激しいディスカッションを行う。ある者は、生殖の繰り返しというカルマ()から抜け出した境地にある二次元が上であると云い、ある者は、実際に触れて戯れる事が出来る三次元のほうがいいに決まってるだろと云う。最後に、じゃあお前は二次元の人間になれるのかよ、と三次元派が云ったのに対し、二次元派がああ、なれるとも!、と云った所で、金髪好きのソクラテスが現れて云い、美希タンが出てくる2.5次元アイドルマスターが最高といった結論に至る。
  • 饗宴
エロスセックスへの讃歌」をめいめい詠って捧げよう、と当時のギリシアの数々の哲学者、思想家が集まった一同。つぎつぎに披露する中で、最後にソクラテスが「エロスセックスの道」、「エロスセックスの修行」、「そのエロスセックス遍歴」を通して、「エロスセックスによる美の認識」に開眼し、愛の階段を登ってゆき、究極的には《美そのもの》(イデア)へと至るのだ、と雄弁に説く。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「プラトン」の項目を執筆しています。
この項目「プラトン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)