プラネットガーディアン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

プラネットガーディアン』とは、月刊少年ガンガンに連載されていた異色の魔法少女コメディ。著者は高坂りと

概要[編集]

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、ガンダルフがファンゴルンの森で再び現れることや、親戚一同が会した遺言状公開の席にいた犬神佐清は実は別人だったことや、アポロ・アマタ・カグラは翅犬ポロンの生まれ変わりだったことや、南斗最後の将は慈母星のユリアであることや、武内空とその双子の兄弟・宙が黒幕であることや、ジューダスの正体は前作で死んだリオン・マグナスであることや、最初のアギトは沢木雪菜であることや、「先生」は「私」が父親の病気のため里帰りしている時に自殺して遺書を郵送してくることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

元々CCさくらファンだった作者・高坂りとは、段々展開を予定調和に感じるようになり「やる気の無い少女が魔砲少女の原理原則をかき回すことで魔砲少女が盛り上がるヒントにならないか?」と思ったことをきっかけに本作品を描くこととなった。

作者は、この作品はあらゆる魔法少女モノのアンチテーゼとして作られたと述べている。その根拠として「主人公に全く夢が無い」「愛と勇気が必ずしも勝利に結びつくとは限らない」「魔法少女たちがココロに問題を抱え、その根本原因に解決の見通しが無い」の三点を挙げているが、他にも、主に駆け引きや頭脳戦によって闘いが展開されていったり、魔法少女規則の細部条項の数々をストーリーの核として用いたり、一方で兄貴が仕掛ける数々の宣伝工作と対峙したりといった、従来の魔法少女漫画には見られなかった要素が多数盛り込まれている。


詳しくは、「魔法少女」の項の「チャイルドソルジャー~」を参照。

あらすじ[編集]

ある夜、二人の幼女(10歳、小学四年生♪)の元に羽の生えたウサギが現れた。彼は二人に「異星人(アルゴル)」という侵略者から地球を守る為、所謂魔法少女である所の「守護者(がぁ~でぃあん)」になってほしいと頼み込む。 事態を軽く考えた二人の幼女は、これをあっさり受け、彼女は愛と勇気と漢のロマンの結晶と化した。

…… 5 years after ……

異星人(アルゴル)は一向に来ないまま、嘗ての幼女達にはけがはえてしまい、受験という現実に立ち向かっていた。そんな遣る瀬無い状況で、遂に異星人がその姿を現す。 果たして賞味期限の切れた彼女達は立ち向かえるのか。

登場人物[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

守護者その1。小学3年生というおにゃのこが最も輝く時、「魔女っ子」としての力を与えられる。が、そっから五年のタイムラグがあった為になんかややこしい性徴を遂げてしまい、「受験と魔女っ子の両立」(成し遂げたのは今のところこの人くらいである)という無理難題に苦しむ哀れな状況となってしまった。 親がNASAに勤めて家を空けているという関係で、幼少時代を祖母の下で過ごし、全体的に趣味が和風である。

古雪の兄。現実と妄想の区別の付かないイケメンオタク。 密かに「もえたん」を愛用しており、勉強と魔女っ子を一体化させた態度を見習おうと思っている。 (ネタバレ) 実は初期に古雪のオリジナルアイテムを勝手に販売し、魔法少女の正体を勝手に暴露してしまっていた。

  • 如月弘

古雪父。ロボット工学者なのに何故かNASA勤務。(世間のNASA万能論を皮肉っただけなので気にしないように)

  • 如月司

古雪の母。生物学者。マッドサイエンティスト。オイシイ人なのに出番は数コマのみ。

古雪のマスコット。 ケロちゃんの成れの果て。デブスケ。 古雪のやる気の無さを散々叱責するが、攻撃手段を全く教えずに古雪を戦場に放り込むなど、その勤務態度は正直最悪。

守護者その2。染み付いた関西弁が原因でいじめに遭い、引きこもっていたところにタイミング悪く力を与えられる。闘いを通じて「ホントのじぶん」を取り返したと豪語しているが、多分根本的解決には全くなっていない。それは、力を得てから名乗り始めた偽名「早乙女リリカ(笑)」と、彼女の本来の華奢さをスポイルしているやたら面積の広いコスチュームにも現れている。普通はこういう追い詰められた娘を魔法少女が救うはずなのだが。

  • 山田良子(白)

記憶を失った山田良子。絶対値零の萌えキャラ。

山田のマスコット。組んだ相手が悪すぎた。

  • 桐島雫(きりしましずく)

守護者その3。ショタ要員。コスプレを強要する姉に辟易する。

  • 桐島月夜(きりしまつくよ)

雫の天然お姉ちゃん。ショタ雫に恥ずかしい格好を強要。なんという先見の明。

  • タムタム

雫のマスコット。雫が手のかからない分、厄介な同僚に手を焼いている。

  • 如月トラ

古雪の妹。逆らう守護者を撃沈する為の戦闘アンドロイド。 こんなもん開発できるなら見ず知らずの少年少女を戦わすなよとは誰も考えない

  • 西園寺光太郎(さいおんじこうたろう)(鈴木千尋

偽守護者。勝手に作ったコスと化学兵器で戦場に介入するバカ御曹司。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「プラネットガーディアン」の項目を執筆しています。

用語解説[編集]

守護者(ガーディアン)

本作品における「魔法少女」。

使徒の鍵

守護者の使うステッキ。またはデバイス

闇化

ダークサイドに堕ちた守護者のなる姿。ご多分に漏れず本家より強力。 類似の現象は他の魔法少女モノにもあるが、こーも頻繁に使われる例はまずない。

守護者の技[編集]

浄化転送「トランスポート」

テーマソング[編集]

オープニングテーマ「Ready!」 歌:角野聡子

作中で樹が多数のテーマソングを作っているのだが、商品化されたものはコレだけである。 しかし実は作中で使われたわけではなく、歌っているのが参加声優の誰かというわけではなく、楽曲のクオリティもそう高くなく、歌詞も作品にたいしてフィットしていないという、一体どういう経緯でドラマCDに収録されたのかよく分からない曲。

この項目「プラネットガーディアン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)