プラヴォ・ヤズディ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「プラヴォ・ヤズディ」の項目を執筆しています。
プラヴォ・ヤズディの免許証の一枚。写真やサイン等が歪んでいるのは多分プラヴォの魔力のせいだろう。

プラヴォ・ヤズディ(Prawo Jazdy)とは、1990年代からアイルランド国内で数々の交通違反を繰り返しているポーランド人の凶悪犯罪者。住所・年齢・性別など個人情報が一切不定(注:不明ではない)という謎めいた人物である。

1990年代、ケルトの虎ことアイルランドは驚異的な経済発展が進行したため、ポーランドを初めとする旧東側諸国から出稼ぎ労働者を多数受け入れていた。プラヴォ・ヤズディはこの機会に乗じてアイルランドに入国したものと思われる。しかし、プラヴォは交通マナーに関する知識に乏しく(確信犯…ではなく、故意犯との説もあるが)、スピード違反や駐車違反などを悪びれることなく繰り返していた。その数は、少なくとも50件以上に達している。

そんなに交通違反を繰り返して、何故免許取り消しにならないのかというと、それはある摩訶不思議な事情がある。プラヴォは交通違反のたびに、きちんと警察官に運転免許証を差し出しているのだが、毎回性別・住所・年齢・容貌が異なるのである。ある時は若い女性、またある時は中年男性、そしてまたある時は老人といった具合である。恐らくアルセーヌ・ルパン怪人二十面相並みの変装術を駆使しているに違いない。

アイルランド警察はこの奇怪な状況に大いに頭を悩ませ、神出鬼没のこの人物に怯える日々が続いていた。その苦悩の結果、2009年になり、アイルランド警察はとうとう「プラヴォ・ヤズディは架空の人物である」という内容の妄言小説を発表し、その年のイグノーベル賞文学賞を受賞するまでに至った。ある意味、棚から牡丹餅である。

関連項目[編集]


この項目「プラヴォ・ヤズディ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)