ベイシア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このベイシアは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ベイシア」の項目を執筆しています。

ベイシアは、グンマー県前橋市に本社を置くスーパーマーケットチェーンである。

沿革[編集]

  • 1959年 伊勢谷米斎(いせやべいさい)が「株式会社いせや」設立。
  • 1997年 スーパーマーケットチェーンとして創立者の名前をとってベイサイと登記するところをtypoしてしまい、ベイシアとしてしまった。そのため、社内文書で「~ください。」は必ず「~くだしあ。」と書く。

店舗概要[編集]

さすが、クルマ社会のグンマーに本社があるだけあって、駐車場がだだっ広い。そのため、間違えて端の方に駐車すると、店舗まで徒歩で行く事ができない。徒歩で行くと遭難する恐れがある。したがって、店舗までは自動車等に乗らないと行けない。そしてまた駐車場の端の方に止めると…。
店舗もだだっ広い。味噌からクソまでワンフロアで買える。38円の納豆と19,800円のスーツを買って一緒に精算することも出来る。ただし、ドン・キホーテみたいにめちゃくちゃではないので遭難するのは稀である。

特徴[編集]

客層[編集]

ターゲットとしている客層は年収がそんなに高くない、むしろ低めのファミリー層である。高所得者層は基本高崎高島屋に行くと言われている
また、お客様の常識も少ないので、XXXXX。商品を手にとっても、元の売り場へ戻さないことが多数見受けられる。したがって、閉店直前の店内各売り場はめちゃくちゃになっている。書籍売り場では立ち読みした雑誌をいい加減なところへ戻したり(特にレディスコミックに多く見受けられる)、音の出る絵本がガキお子様の餌食になっていたりしている。
お体の不自由な方用の駐車場はいつも満車である。頭の不自由なお客様も多い。

品揃え[編集]

そんなに収入があるわけではない客層を相手にしているだけあって、普段使いには問題ないが妙なチープさがある。
本社がグンマー県にあるため、グンマー県産品が異様に安い。これは、猛烈なインフレに襲われて暴落したグンマー円のおかげである。例えば、下仁田こんにゃくがひとつ38円とか、ノーマルなガリガリ君が38円とか。あ、赤城乳業埼玉県深谷市だっけ、まぁいいや高崎線熊谷から先は群馬のようなものだし。

ベイシアにおける都市伝説[編集]

  • ベイシアを見たら周りはベイシアグループだらけと思え
ベイシアができると、いつの間にか周りにベイシア電器やらカインズやらセーブオンやらオートアールズやらワークマンやら、いつの間にかベイシアグループだらけになる。ゴキブリを一匹見たら百匹いると思えの如しである。
  • 出店は赤城山の見えるところに限定していたが、近年ではその限りではないようだ。2013年度には念願の東京都内への出店を果たす。とは言っても青梅市だけどね。

関連項目[編集]


この項目「ベイシア」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)