ベネルクス侵攻

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ベネルクス侵攻は、ドイツによる道路整備であり世界恐慌からの復興として行われたアウトバーンの一部として行われた侵攻。

背景[編集]

ドイツは第一次世界大戦からの復興をしていたにも関わらず、ソ連のNKVDによって引き起こされた世界恐慌によって復興が全て吹っ飛んだ。そこで、天災天才ヒトラーは、軍備拡張をすることによって経済を復興させようとしたが、あまり大きな効果が出なかった。

なので、ナチ党内で様々な議論が交わされたもののなかなかいい案が思いつかず皆悩んでいた。そこで、ヘルマン・ゲーリングが冗談半分で「国内の道路の整備ができてるんなら他国で道路を整備してはどうか」と提案した。ほとんどのナチ党員はそれが冗談とわかっていたもののヒトラーがその案を真剣に検討し始めたがその段階でフリッツ・トートなど一部の建築家や政治家などは反対した。しかし、大方のナチ党員は総統が駄々をこね始めたらもう止まらないとわかっていたためあきらめて賛成した。こうして過去に類を見ない一大国家プロジェクトが始まった。

経過[編集]

まずは候補地の選定から始まった。東欧や中欧は影響力を保持してもあまり旨味がないということで却下。北欧に関しても寒さがきつく早急かつ安全に実行できないと判断されたので却下された。そこで、目をつけられたのがベネルクス三国だった。まず、ベルギーに対しては英仏海峡及びフランスに対する大きな牽制となる。また、オランダも当時オランダの植民地であったオランダ領インドネシアとの貿易を融通してもらうために重要とされた。ルクセンブルクに関してはベネルクス三国というくくりにするために整備された。このような様々な利益を享受するためにドイツはベネルクスに対する道路整備を決定した。

ドイツは手始めにベルギーに対して道路整備のための通行権を要求した。もちろんベルギーは拒否し、連合国(当時のベルギーは加盟していない)に対する支援を要請した。この要請にもっと効力を持たせるために関わりの強いオランダ王室に対して支持を表明するように求めたところ了承を得た。ベルギー王とオランダ女王の連名で二度目の連合国に対する支援を求めると同時に「ベネルクスは土地ではない。国だ。」というほとんど聞き入れられなかった素晴らしい演説をしたものの当時の人々の心には響かなかった。さらに、当時の連合国は融和政策をとっていたため「ドイツは隣人の水道管を厚意で直しているだけだ」という有名な言葉とともにベネルクス侵攻を黙認した。

ドイツはベルリンオリンピックの聖火リレーのためといって集めた道路情報を最大限活用し最大効率で道路を整備していった。この際、ドイツは40個師団ほどを活用していた。また、ドイツ国内の失業者のほかにも現地の失業者なども活用することによって地域の支持を得るのと同時に労働力も確保した。

国全体の道路を整備するのには数か月はかかると専門家や各国首脳は考えていたもののいざふたを開けてみるとオランダは一週間で、ベルギーは二週間程度でいとも簡単に整備された。

驚異的な速さの理由[編集]

普通のやり方では国全体の道路を数週間で整備することは不可能である。では、一体どうやってドイツは素早い整備を可能としたのか、それは常識を覆すことだった。

通常一日の営業日数は一つだが一日が24時間であること、また通常の労働時間は約8時間程度であることを考えると一日で3営業日分の仕事ができることとなる。これを一週間やると通常では5営業日分しか進まないのに対して24営業日分進むことになる。この裏技は、ラインハルト・ハイドリヒがベネルクス侵攻の計画を立てている際に自分が一日に2営業日分働いているのだから通常の労働者なら3営業日分ぐらいはできるだろうということで実験も兼ねて1日に3営業日分の仕事をする計画が作られた。

後世への影響[編集]

他の国で何かしらの行動をすることで景気を回復させようとするという考えは第二次世界大戦後の大国、特にアメリカに対して大きな影響を与えた。さらに、この出来事はヒトラーが各国の外交関係に関して詳しく英米の融和政策は今後も融和政策を続けるということをより印象付けた。

戦後のドイツでは反ナチス思想がほとんどを占めていたためこのような極限まで人をこき使うようなことがなくなり世界でもトップクラスのホワイトな国になったとされている。

ドイツの革新的な考えは日本の現代社会でも自主的な貢献という名前で悪用有効活用されている。


軍隊の兵士による兵隊のための軍事スタブ このベネルクス侵攻は、敵軍によって占領されています!!
このページを開放するには、アンサイクロペディア軍の意地という物を証明してみてください!
健闘を祈っております!敬礼!! (Portal:スタブ)