ベラドンナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ベラドンナ」の項目を執筆しています。

ベラドンナ(学名:Asatte ha della-himada)は、ナス科カミナリ属の草を成分とした目薬。和名は、カミナリ、オオハシノゾミ、セイテキハシリドコロ。

概要[編集]

ベラドンナとは彼の有名な白と黒のツートンヘアーの医者が開発した目薬であり、調合を依頼した貴婦人ベラドンナの名が付けられている。四角いプラスチックの容器に入っており、色は濃い紫色。20mlで某国の国家予算に程近い値段がついており、購入されることは稀である。

使用方法[編集]

片目に一滴ずつ注し使用する。多すぎると副作用が強く出るので注意。


効能と副作用[編集]

ベラドンナを眼に注すと起こる効能、副作用について説明する。

効能
瞳孔が拡散し、瞳が大きく見え、肌も青白くなる。
キィィィンと言う音と共に、周囲の人間の名前、寿命人間界の単位ではないため無意味)が見えるようになる。
千里眼で、自分の背中が見える。
相手の繰出した技を瞬時にマスターする。
副作用(現時点までに確認されたもの)
数時間で瞳は元の大きさに戻るが、視力が弱まる。
寿命が半分になる。
三途の川で手招きする先祖幻覚が見える。
錯乱し、パンツを頭に被りパラパラを踊る。
短期間の過度の使用は心身に負担を掛け、数日寝込まざるを得なくなる。

ただし、使用したものが大変に少ないため、効果、副作用については未だ明確になっていない。

入手方法[編集]

BJ先生は現在行方が分からぬので、ネット通販での取り扱いをお勧めする。しかし、粗悪品が多いため、キター!と叫びたくも無いのに叫ばなければならなくなる点眼薬などに注意。

関連項目[編集]