ベンジャミン・ディズレーリ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

ベンジャミン・ディズレーリ(Benjamin Disraeli、1804年12月21日―1881年4月19日)とは、どういう経緯があったのか知らないが政治家に転身して首相(在任:1868年、1874年-1880年)にまで上り詰めてしまった、イギリスの元作家である。政治家に転身してからは、作家というかつての職業柄で呼ばれることを嫌ったが、一方で、「元作家」と呼ぶと、これはこれで憤激したというエピソードが伝わっており、気難しい人物であったことを伺わせる。

人物[編集]

ディズレーリとグラッドストン、珍しい2ショット。どっちがどっちか? そんな事はどうでもいい

初めに言っておくが、筆者はイギリスの歴史についての知識は極めて浅薄であり、ディズレーリについても、その功績や施政について詳しい事は全く存じていない。しかし、彼のおおまかな経歴から、どういう人物であったのか、大体の輪郭を描出することは可能である。

ディズレーリは、元々小説家であったという。小説家から政治家に転身した人物としては、日本では石原慎太郎が有名だが、石原は見当違いの発言や的外れの方策を掲げるなど失政が多く、リベラリストから愚物扱いされている。ということは、石原と同じような経歴を辿ったディズレーリも、石原同様、なんでも根性論で解決したがる、スパルタ教育大好きの因循で狷介な人物であったと容易に推定する事が可能だ。彼が愚物であった事の傍証として、彼と伯仲する勢力を誇った同時代の政治家グラッドストンの批判が提示できる。グラッドストンは卓越した政治家であったが、ディズレーリの方針に対して終始批判的な態度を取り続け、ディズレーリは政治家の器にあらずと徹底して糾弾したのである。リベラリストや良識的な政治家から批判されている石原と、見事に符合している。また、雄弁であり、アジテーションを得意とした点も類似している。

名言[編集]

ディズレーリは奇行と過激な言動によって知られ、そのほとんどは無意味なたわごととして誰も気にしなかったのだが、156×156回に一回くらいは鋭い発言をすることもあり、その箴言は現代に伝えられている。

「世界には3つの嘘がある。削除主義者の愛、包摂主義者のユーモア、そして管理者の情状酌量。」
この世界 について、ディズレーリ
「16歳で管理者を目指す者は、ユーモアに飢えている。60歳でアカウントを取らない者は、ユーモアが欠けている。」
世界の人々 について、ディズレーリ
「君の批判は甘んじて受けなければならない。それはわかっている。が、私の手がどこにおかれているか、私の足がどこを踏んでいるか、そして私の心がどこへ向いているかについて、君は察するべきだ。」
グラッドストンからの批判 について、ディズレーリ

これら世迷い言の数々は、現代を生きる我々にとってバカバカしく生きる指針を与えてくれるかも知れない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ベンジャミン・ディズレーリ」の項目を執筆しています。