ペルソナ3

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ペルソナ3」の項目を執筆しています。

ペルソナ3とは、アトラスから発売された、広すぎる目と目の間が気になる恋愛シミュレーションゲームである。前作は続編物であったが、今作から新規ユーザーを会得する為に様々なところを一新。特に前作までの濃すぎるキャラをライトユーザー向けに変更。なんだか全体的にオサレ。それと一新しすぎてRPGからギャルゲーになってしまったいう、かつてのPC-9801向けゲームのような手法が取られている。 2008年1月からペルソナ 〜トリニティ・ソウル〜というタイトルでアニメ化された。 ペルソナ発動のモーションを始め、激しく中二病臭のするゲームと呼ぶ者もいるが、それもまた中二病である。

概要[編集]

前作「ペルソナ2 罰」で物語が完結。今作から新たなストーリーとして展開する。

システム面では初代「女神異聞録ペルソナ」のペルソナ合体が復活。合体システムは真・女神転生IIIに近い。この合体を復活させたせいで○×ゲーム中毒者が急増。一日を○×ゲームで費やすのはザラである。エリザベス対策ペルソナや強タナトスを作るのがマジしんどかったのは言うまでもない。

ブラック企業ナチスSAT陸上自衛隊と戦ったこれまでの作品と違って大幅にスケールダウン。ペルソナ能力合っても本物の拳銃に簡単にやられるという貧弱システムを構築。

コミュというシステムが登場。要は女の子と会話して好感度を上げるアレである。やり様によっては5股も出来るぞ。

猛将伝兼続編の「ペルソナ3 フェス」でアイギスコミュが追加された。しかも続編の方の主人公はアイギス。こりゃ買うっきゃねー!そう思っていた時期が……僕にも確かにありました…………。

だがしかし、「ペルソナ3ポータブル」でなんと女主人公が追加される。ってことはあれですか、百合プレイを期待しちゃってもいいですか!?と思いきや、女主人公はヤリマンだった… 男の案内人?興味ねー。

2012年、ペルソナ4の映画版の最後にペルソナ3映画化決定とお知らせが出た。しかし公開日どころか何処をどう映画化するのかなど肝心の情報を出さないので、ファンはイライラを募らせることとなっている。

ストーリー[編集]

10年前に両親を事故で亡くし、親戚に育てられた主人公墓場鬼太郎は、私立月光館学園の高等部に編入することとなった。入寮仕立ての頃、在寮生の岳羽ゆかりに銃を突き付けられるという手荒い歓迎を受けるが、上級生の桐条美鶴の仲介もありその場は収まった。気の強い同級生、年上の生徒会長との間に挟まれドキドキのラブコメディが展開される。そしてテコ入れの如く様々な魅力溢れる女性キャラクターが次々に登場する。(野郎も登場するが注目すべきところではない。)はたしてキタローの選ぶ女性とは!?むしろ全部貰う気か!?

システム[編集]

ペルソナ
ペルソナといっているが実はスタンド。このおかげで主人公たちは30歳(※10年前の仕様であり現在は40歳が標準)で童貞というわけでもないのに魔法使いになっている。前作までは一人で何体も発動することができたが、今回からは「スタンドは一人一体」の原則を守ることになる。が、どういうわけか主人公のみ170体ものスタンドを発動することが可能。第三部のシステムに準じて各スタンドにはタロットカードのアルカナが当てられている。
ペルソナ合体
ペル1ペル2ではペルソナ同士の合体は不可能だったが今回は生み出したペルソナ同士で合体が可能となった。フィレモンがいなくなったせいか?最大で6身合体が可能。もちろんメガテン史上最大である。ペルソナ4ではダブルヒランヤスプレッド(12P)なんてアホみたいな合体も出来るようになった。短ぇ夢だったなぁ…。合体はベルベットルームで行われるが、どういうわけか主人公以外のペルソナ使いは入室することができない。ベルベットルームにいる間、主人公が他の仲間の目にどう映っているのか…
戦闘
今作の戦闘では主人公以外のキャラクターに指示を出すことができなくなった。一応攻撃とか回復とかは命令できるが各キャラがそれに従うかは微妙。しかもどの魔法を使うかの指示ができないから「コンセントレイト(魔法攻撃力2倍)→テンタラフー(混乱)」なんてコンボや、あと一撃で敵を倒せるってのに「タルンダ(敵攻撃力減少)」を使うバカが出る始末。
コミュ
脇キャラと仲良くなること。仲良くなった度合いに応じて生み出されるペルソナに経験値が入る便利なシステム。最高に仲良くなると各アルカナの最強ペルソナが作れるようになる。ただし、気をつけなくてはならない、仲良くなりすぎると脇キャラから話しかけてもらえなくなってしまうのだ。女性キャラとは恋人になることができ、岳羽ゆかり桐条美鶴山岸風花伏見千尋、西脇結子の5股がかけられる。さらに幼女の舞子、女教師鳥海いさ子、古本屋の光子婆さん、ロボ娘アイギスにもちょっかいが出せるとんでもないシステム。
武器合体
メガテンシリーズお馴染みのシステム。なんと今作ではペルソナと武器を合体させることが可能となった。今までは仲魔悪魔と武器を合体させていたのだが、果たしてどのようにして自らの一面であるペルソナと武器を合体させているのだろうか。
シャッフルタイム
ワクワクカードうらない。それ以上でも以下でもない。たまに死神が寄ってくる。
ドーピング
喫茶店でコーヒーを飲んだり、定食屋でご飯を食べたりすると魅力や学力を上げることができる。
影時間
今日と明日の間にある時間。普通の人は入れないが素質があれば入れる。特別課外活動部の活動は主にこの時間を消すことだが、メンバーにはそれぞれ理由があり、女子部員は影時間の分だけ早く年をとるから消したい。あと美容に悪い。

月光館学園[編集]

東京都港区に存在する高校で、物語の舞台となる。理事長、校長をはじめキャラの濃い教師陣がそろっており非常に偏った教育を行うことで有名である。
例として、日本史では戦国時代しか教えない。保健体育では魔術を教える、さらに数学は天文学的な数字の計算を暗算で行うなど。
また制服はブレザータイプが用意されているが、校則がゆるく原形をとどめないほどに改造してしまう者が数多く存在する。
さらに女子生徒の容姿のレベルが高いことでも有名で、入学を希望する男子が後を立たない…と思いきや、前述のように濃すぎる教師陣に尻込みしてしまうようだ。

主要登場人?物[編集]

武器防具[編集]

ペルソナシリーズでは毎回おかしなところで武器や防具を販売しているが今回も例外ではない。今作ではなんと辰己東交番の黒沢巡査が武器・防具の横流し販売をしてくれる。またエリザベスの頼みを聞くと武器・防具をくれたりもする。

主な武器[編集]

  • 鉄パイプ-現実世界でも簡単に手に入れられる武器。破壊力はそこそこ。
  • 釘バット-その破壊力たるや意外と侮れない。決して人に向けて振るってはいけない。
  • 骨-エリザベスがくれるものだから何の骨だかは想像したくない。
  • ジャック手袋-ジャックブラザーズのパペット。こちらもエリザベスがくれるものなのでその攻撃方法は推して知るべし。
  • バス停-コンクリートの台座までついて重そう。
  • おもちゃの弓-100円ショップで買ってきたんじゃないの?
  • デッキブラシ-トイレ掃除をした後だと精神的ダメージがでかい。

主な防具[編集]

  • メイド服-コスプレ用ではなく本職メイド用のメイド服。美鶴、アイギス、ゆかり、ハム子用の4種類がある。
  • ハイレグアーマー-シリーズお馴染みの装備。ハム子、美鶴とゆかりが装備できるが、着用すると各人で色が変わる不思議な防具。
  • バトルレオタード-戦闘用のレオタード。当然女性用。装備してもグラフィックが変わらないのが難点。
  • スパイクブラ-インナーとして着用するとトゲトゲが服を突き破って大変なことに。
  • 甚平-男性専用防具だが、女性キャラにも装備できるようにしてほしかった。夏場の暑いときに装備すると涼しげ。装備するキャラによって背中の文字が変化する不思議な防具。お祭り野郎。
  • 水着-女性用、男性用取り揃えてある。
  • 執事服-男性用防具。ハム子の趣味により揃えられたが若干似合わない人も。

FES[編集]

いろいろと改良が施され、後日談も収録したバージョン。戦闘面でも改竄がなされ、美鶴の狂気の行動「コンセントレイト→テンタラフー」がなくなってしまった。後日談はアイギスが主人公となり、なんとアイギスまで170体ものペルソナを発動することが可能になってしまった。

ストーリー[編集]

本編ラストで主人公鬼太郎が原因不明の死を遂げてから数日後。3月31日の学生寮では解散パーティーが開かれていた。深夜12時、日付は再び「3月31日」を示す。突如としてのメティスの奇襲。ついにバレる鬼太郎の5股、寮内でさえ3股。「彼に会いたい!」そう叫ぶゆかり、「将来を誓った仲なのに!」激昂する美鶴、「わたしだって…」おろおろするだけの風花、「わたしには彼の遺伝情報が残されているであります。」一人勝ち誇るアイギス。今、アイギスを新たなリーダーとして、鬼太郎の死の真相、そして本命の真相を探る冒険が始まる!

関連項目[編集]


こんだけ書きかけのもの見て、気付いちまって、なのに放っとくなんて出来ねーよ…〜 ペルソナ3 について、花村陽介 (Portal:スタブ)