ホタルイカ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホタルイカ」の項目を執筆しています。

ホタルイカ(正式名称・海面遊泳式烏賊型発光小型閃光機)は正式名称があまりにも長いためホタルイカと呼ばれている。

詳細[編集]

製作目的としては、魚津市、滑川市はともに外交情勢が安定していなく軍事協力(魚滑条約)をしていた。魚津市と滑川市の魚滑条約の一環として他国海軍による攻撃をホタルイカの光により、かく乱するため製作。しかし、魚津市は滑川市を侵略しようとし、滑川市方面に攻撃の砦となる魚津ミラージュランドを建設。この砦には日本海最大のやぐら(魚津市民には大観覧車と言っている。)があるが他国はまったくこのことを知らない。他国はこのことに興味もない。この魚津市の侵略行動に気づいた滑川市は魚滑条約を放棄し、魚津市、滑川市双方は現在冷戦状態である。

軍需工場は魚津市(魚津水族館)、滑川市(ホタルイカミュージアム)双方にあるが、ホタルイカミュージアムは魚津水族館に比べ遥かに発達した技術を持っているため、滑川市に多く遊泳している。

最新のホタルイカ[編集]

ここ数年のホタルイカの進歩はすさまじく、青色発光ダイオード装備型やカメラを装備し、陸にいる操縦士が操縦できるようになった。

しかし、一人の操縦士が操作できる数はホタルイカ一機のためスーパーコンピューターによる同時操作を目指して開発が進んでいる。これは戦争という名の経済競争である。

備考[編集]

ホタルイカは、一般人にも見れるよう、滑川市が軍事力のアピールとして船を出している。

あまりに朝早く出発するため、眠たさのあまり船から落ち死亡事故が発生している。

また、ホタルイカ(正式名称・海面遊泳式烏賊型発光小型閃光機)と言われるだけあってその閃光によって失明する事故も発生している。

関連項目[編集]