ホロコースター・タイクーン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
国家社会主義ドイツ労働者党 Dieser Artikel ist von der NSDAP geschrieben worden! 国家社会主義ドイツ労働者党
この記事は国家社会主義ドイツ労働者党によって書かれた!
この記事を疑うものは、われらが総統及び全アーリア人に背いたものとして、アウシュビッツに送られる!
「ああ、なんて恐ろしい! この人たちを見ていると私の体重が信じられなくなる!ダイエットのコツを教えてくれない?」
ホロコースター・タイクーン について、オスカー・ワイルド
「ディズニーランドよりもっと楽しい!」
ホロコースター・タイクーン について、ウォルト・ディズニー


ホロコースター・タイクーンは、2006年に、Windows XPWiiで発売された、戦略シミュレーションゲームである。このゲームは、シミュレーションゲーム、「ローラーコースター・タイクーン」のスピンオフ作品として、ベルリンで開発された。このゲームでプレイヤーは、強制収容所を管理しながら、収益を上げ、連合軍を撃退しなければならない。

Holocaust tycoon 2.jpg

ゲームプレイ[編集]

このゲームは、まず、空き地に建築物を建てていく事から始まる。ゲームの序盤でプレイヤーは、小屋を作りながら、政敵、外国人、特定の人種などを運び入れる準備をし、(実験的に)ガス室を徐々に建てていく。ほとんどの戦略ゲームと同じく、序盤の開発が生存の鍵となる。このため、プレイヤーは、囚人を小屋に詰め込むによって、収益(ゲーム上では死亡率)を上げる策を使う。

ゲームが発展するにつれて、さらに多くの方針が使えるようになる。例えば、プレイヤーは化学工場や、鉄道、コンピューター企業(アップルが可)などといった大企業と契約を結ぶことが出来るようになる。このゲームの目標は、残虐な収容所を築くことによって昇進を手に入れるのと同時に、支配民族の愛と賞賛を受ける事にある。


ユニット[編集]

これらが基本的なユニットである。

  • 総統 -プレイヤーのキャラクター。このゲームで最強のユニットでもある。顔を編集することも出来るが、ヒゲだけは変えられない。ヒゲはダメ。ヒゲだけは…
  • 囚人-作成は出来ず、輸入でしか手に入らない。50マルクで‘密告者’に変えることが出来る。彼らは、18個の金時計と四足の靴を持っている事から区別出来る。
  • 国防軍-コスト100。普通の歩兵。上げ足歩調で歩く能力を持ち、-50%速度になる。
  • SS親衛隊-コスト500。国防軍より強い。特殊能力:占領地の住民から志願兵を募る。
  • ゲシュタポ-コスト200。囚人や市民、ユダヤ人をだまし討ちする。
  • 医者-コスト200。医者は、さまざまな実験を行うことが出来る、重要なユニットである。医者を使えば、囚人を幾人か生贄にするだけで、新しい毒ガスや、改造人間を開発できる。
  • 処刑人-コスト50。ルガー拳銃を装備したユニット。特殊能力:リーフの石で進化する事がある。
  • フランス兵-コストは10しかかからないが、ほとんどが真っ先に降伏してしまう。チーズを投げつけることで攻撃し、10ダメージと食中毒を与えるが、こいつらに頼ってはいけない。
  • ショッカー団員-コスト100。「キィッ!」という鳴き声を出しながら攻撃するが、ほとんど丸腰に近いので、あまり役には立たない。


公式ガイド-初心者の虐殺-からの引用[編集]

  • 恐怖の支配を広げるためには、生存圏の拡大が必要である。施設はなるべく資源の近くに建てよう。さらに、ゲットーと絶滅収容所の距離を縮めれば、鉄道を敷く手間が省ける。
  • 囚人の基本的人権を奪う事によって、金を節約しよう。序盤からそうしておけば、後でその稼いだドイツ・マルクをチクロンBにつぎ込める。
  • SSやSAを雇うとき、なるべく金髪碧眼の者を選ぼう。彼らは、スピード、ジャンプ力、寿命、そして知能も高い、と気付くだろう。
  • メンゲレ博士の研究所をなるべく早く建てよう。綿密な実験によって、科学の恩寵にあずかれる。
  • 墓掘りにはSSなど使わず、囚人にやらせよう。掘ってる最中に死んでも、代わりが沢山いるはずだ。
  • ユダヤ人を殺したら、金歯を捜してソ連の反抗分子に売り渡そう!武器弾薬が沢山手に入る。

敵ユニット[編集]

  • スターリン-プレイヤーの宿敵。彼も狂信的な殺戮者であり、ラーゲリでプレイヤーの殺人記録を追い抜こうとする。幸運な事に、彼が殺せるのは自国民かドイツ人捕虜のみであるため、彼がプレイヤーの邪魔になる事はない。
  • ソ連兵-速度が速く、数も多いが、体力が低い歩兵。弾を8発撃ち、ウォッカを3本投げつけ、まだ生き残っているなら、赤い旗を殴りつけて攻撃する。
  • 米兵-中程度の戦闘力を持つ歩兵だが、戦闘時以外は、ハンバーガーを食べながら座り込む。銃を正しく撃つ事は極めて稀。それでも米軍はいつも勝っているような気がする。もしくはロシアに戦わせて自分が勝った事にしてしまう。高確率で友好射撃や誤爆が起こる。
  • 英兵-強いが弱点も多い歩兵。英兵は死ぬ物狂いで襲い掛かるが、時刻によっては無防備になる。午後の四時になると、彼らは即時に戦闘を停止し、紅茶、トースト、マーマレード、そして士官ならば、ビスケットを食べる。土日は、週末であるため、英兵を見かける事はない。また、英兵は規則に厳しい-どんな時にでもジュネーブ協定の一部を持ち歩いており、彼らは戦闘の前に、禁則事項を必ず確認する。注意!!!決して味方兵を彼らの残飯に近づけてはならない!!英国料理は兵に食中毒を引き起こす。
  • 南アフリカ兵-SS親衛隊に相当し、同じ考えを持っているが、先祖の故郷、オランダを侵略した事でドイツを嫌っている。絶対に彼らの捕虜を有色人種と一緒に収容してはならない!!
  • フランス兵-あまりおらず、米軍の物資を運ぶ事が主目的。攻撃するとほぼ確実に白旗を揚げる。
  • ポーランド兵 -馬に乗ってやってくる。簡単に捕まる。
  • チャーチル-葉巻の副流煙で兵を卒倒させ、フェンスを溶かす。ウィスキーが加わると、兵と収容所に甚大な被害をもたらす。しかし、終盤になるまで出現しない。
  • パットン将軍-シャーマン戦車に乗って登場する。米兵に罵声を放ち、敵味方構わず動くものすべてに射撃する。
    • 特殊能力1-輪廻転生。
    • 特殊能力2-死体の油をキャタピラの潤滑油に使い、速度を上げる。
  • アルカイーダ-ゲームに勝利すると彼らが新しい敵として登場する。注意、彼らは知能を持たず、爆死しやすい。主に自分から。
    • 特殊能力-ハイジャック。


囚人・捕虜[編集]

  • ジプシーは兵に呪いをかけるが、ユダヤ人に撲殺させると、彼らに生き残るという錯覚を与える事が出来、集団墓地の穴掘りの効率が上がる。
  • アメリカ人は序盤には珍しく、大抵が太った怠け者である。過大なバーガーとソフトドリンク消費のため、アメリカ人の維持費は最も高い。しかし、処刑すると、イギリス人とロシア人が喜ぶので、少しは持っていたほうがいい。
  • イギリス人は6ヶ月ほどの間は無害に見えるが、賢く、脱獄の方法を知っている。捕虜にするより処刑したほうがいい。
  • ロシア人は問題をよく起こすので、銃口を向けていないと危険である。ただ、赤い旗を無限のように持っているため、これを燃やすと味方の士気が上がる。
  • ユダヤ人は扱いが難しい。隠し持ったダイヤモンドで看守を買収する癖だけでなく、キリスト教徒の子供に近づけると、殺して血を飲んだりする。疫病は大抵、ユダヤ人宿舎から始まる。しかし、ユダヤ人を拷問すると、家族の財産の隠し場所を吐き、銃床で頭を殴りつけると、金歯が何個か落ちてくる。怒らせたら、ツノに気を付けないといけない。ちなみに、ユダヤ人の体液から、オレンジジュース(Orange Jews)を作る事が出来る。
  • 同性愛者は、「徴募」する事によって、同性愛を看守も含む囚人に伝染させる。病気により、早死にしやすいので、慎重な管理を必要する。特に、金曜日の夜には、ディスコに行くために収容所を抜け出すことが多い。ただし、ユダヤ人の女の子は触らないので、少し残した方がいいかもしれない。
  • レジスタンスは、労働効率が良く、命令に忠実に従うが、重要な欠点がある:近くのレジスタンス部隊を呼び寄せて、脱走するのだ。ただし、彼らはレジスタンス以外の囚人は気にせずに、置き去りにするので、被害は少ない。

国際的評価[編集]

高い評価を受けたのにもかかわらず、西側市場ではあまり売れなかった。しかし、イラン、北朝鮮、シリア、スーダン、ミャンマー、セルビア、などといった国では、コンピューターが全く普及していないのにも関わらず、記録的な売り上げを出した。


推奨動作環境[編集]

  • チューリング機械
  • 65536 MHz Enigma® processor
  • RAM:1488GB
  • 生存圏-5000GB
    • 足りない場合-ポーランドを侵略して、スペースを増やしましょう。
  • ゴールドトゥース(Goldtooth)非対応


Hitlerefficiency ハイル・ヒットラー!
このホロコースター・タイクーンは、偉大なる我らがアーリア民族の築き上げた最高の文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告を!!ジーク・ハイル!!!! (Portal:スタブ)
この記事は、他言語版のアンサイクロペディアから翻訳されたものです。