ホンダ・NS-1

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホンダ・NS-1」の項目を執筆しています。

ホンダ・NS-1(- エヌエスワン、愛称エヌワン)とは、本田技研工業によって開発された地走型有人二輪ミサイルである。

概要[編集]

萌え化リニューアル。中身は同じでも、これが大ヒット。

1991(平成3)年、それまでホンダの50ccミサイルとして主流を占めていたNS50Fの後継機として開発されたNS-1は、とても原付とは思えないBon・Q・Bonなスタイルで二輪車マーケットを席巻、瞬く間にケツの青いヤンキーどもを虜にしたものだったが、実はNS50Fの外装をカッコよく水増ししただけの事であり、基本的なスペックについては気まぐれ程度にしか変わっていないのが実情である。写真で見ると確かに原チャとは思えないが、実物は何とも頼りない。タイヤはやけに細く自転車のよう。 ともあれ1999(平成11)年の製造中止までホンダの人気車種として、実に多くの特攻隊員=英霊を輩出したのであった。

スペック[編集]

NS-1の特色である原付バイクとは思えないくらい無駄に大きなフォルムは普通自動二輪免許を取得する努力を放棄した工房どもの自尊心をも満たし、「あれ、本当に原付なの? 156ccくらいあるのかと思った」と言われる度にいっぱしの走り屋を気取る事や、灰色だった毎日の通勤通学をスマートかつ刺激的に過ごすのに一役買っている。また、社外品パーツも多く、対してドライビングテクニックもないのに「やっぱチャンバーはXXXだよなー」などといかにもバイク通ぶりながらも、あれもこれもとフルチューン(要するに全部入り)にしては、自尊心を満たす事もできる。がしかし、実は大まかなバイクの構造を学ぶことや、「バイクなんて自転車に鉄の塊が付いただけの高価な乗り物だ」程度のたくさんの人間をバイクの世界に引きずり込むのにも貢献している繁華街の客引きのプロ顔負けの名バイクでもある。NS-1は表上、原付バイクではあるが、何故その30キロ制限の原付バイクに、6速なんてものを取り付けてあるのか?そして何故、ある部品一つを純正品から社外製に交換するだけで、化けの皮が剥がれた性能になる車体なのか?本田技研の原付バイク法に対しての考え方についての心の内をお察しください。そしてNS-1は、その見た目と猫被りスペックバイクであるが故に数多くの若者達を虜したが、数多くのDQNをも虜にした。その結果、英霊や逮〇者も多数輩出。(スポーツレプリカ=走り屋まがい)と勘違いをする者を輩出するくらい、黒歴史も刻んだバイクでもあり、スポーツレプリカのパイオニアとして輝かしい歴史を刻んだ名バイクでもある。

パーツ[編集]

エンジンパーツからエアロパーツまで数豊富である 中にはNS-1用のCBR1000RR風のカウルもある

さらには、2stの匂いに脳を犯されてしまった人間の為に、ホンダは80ccエンジンも用意。 このエンジンは載せ替えただけで軽く100㌔オーバー、さらには100ccまでボアアップができるとか…

また「排気がクセェんだよゴルァ!」「煙たいし、オイルで汚れるんだよテメェ!」 っと世の中の厳しい風に耐えられない人間にはエイプエンジン載せ替えという道も作られている。

対アクロス戦[編集]

英雄、NS-1を駆るの図。余の辞書に立ちゴケの文字はない!

その頃、1990年にスズキ自動車から販売されていたアクロス(ACROSS、250cc)との確執が激化し、「どっちがメットイン(ヘルメットを飛ばす=自爆テロの勇者およびそのバイクに捧げられる称号)に相応しいか」を賭けた抗争が勃発、互いに敵陣営(主にディーラー販売店)へ向けて特攻を繰り返しては撃墜あるいは自爆する日々が続いた結果、1998年にアクロスの製造中止に伴ってホンダ陣営の勝利となったが、余力を使い果たしてしまったNS-1も翌1999年、思い残すこともなく安らかな眠りについたのであった。これが後世に言う「(NS-1、ACROSSの頭文字からとって)NAめんなよ抗争」である。

外部リンク[編集]

  • クラス初のメットイン機能を内蔵した原付ロードスポーツバイク「ホンダNS-1」を発売 [1]

関連項目[編集]