ホンダ・VFR

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホンダ・VFR」の項目を執筆しています。

ホンダ・VFR800P( - ブイエフアール)とは、日本国内において公道最速とされる自動二輪車の一種である。現在は、運行団体スズ菌感染に伴い、スズキ・GSF1200Pに最速の座を譲ったともいわれるが、依然として日本各地では多数のVFR800Pが目撃されており、しばしばカツアゲや煽り運転、原付へのストーカー行為を行うことで知られる。

販売形態[編集]

日本中どこでも見かける車種であるにもかかわらず、一般向けにこの車種が販売されることはなく販売ルートは謎に包まれている。一般人も赤色や黒色のVFRを購入できるが、これらは他の大型二輪車と基本性能においては明らかな差はみられない。

VFRシリーズにはVFR800Kというネイキッドの特別仕様車があり、ハンドルの上にクリスマスツリーのような電飾が大量についているが、こちらは一般人でも購入可能である。ビギナーの度重なる転倒に耐えうる頑強な構造と整備のしやすさから、一部のマニアが好んで購入するといわれる。

行動実態[編集]

主に日中から深夜2時ごろまで、青い服装をした組織のカツアゲに使用されている。この団体は、バイクに特異な画一化されたカスタムをしており、運転者は誰もがこの車種を特徴ある色と形で記憶している。

これらのVFRに追い回された者が、街の仲間に成敗される光景も、しばしば見かけられる。

政治的にも非常に力のある団体と考えられ、法律で信号無視や速度違反、逆走なども合法化されている模様である。たとえ追突事故で自爆した場合であっても、政治裁判で相手側に実刑判決が出るほどである。もっとも、交通法規を無視する際には、車体両側に取り付けられた警告灯が点灯するためすぐそれとわかる。

性能[編集]

V型4気筒核融合エンジンを装備し、最大出力は公開されていないが30秒で光速に達するとされる。スクールバスを牽引することなどたやすい。

体当たり攻撃の際に、破片を好き放題な位置に移動したり、バスのタイヤのような形状のブレーキ痕を路面に描画したり、同乗する生徒に集団幻覚をみせる催眠ガスを放出する機能もあるとされているが、運転者の保護については無視。しかし、うっかりバスのタイヤ痕を長く描きすぎたため、当然起こるはずの生徒全員のムチウチ症を再現すべく、工作員がバスに同乗した生徒全員の首を殴打して回るはめになった。

白色の装甲板は一般仕様のVFRと異なり、特殊超合金製であり120mm機関砲弾を跳ね返す性能をもつ。まさに白い悪魔である。