ホーミー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、歌唱法である「ホーミー」について記述しているばい! 沖縄県の方言である「ほーみー」につ・い・て・は「まんこ」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホーミー」の項目を執筆しています。

ホーミー(for me)はモンゴルにおける伝統的な歌唱法である。

概要[編集]

ホーミーの最大の魅力はひとりの人間が高音と低音のふたつの音を同時に出せると言う点である。低音は読経のような声であり高音はともすれば電子音のような様相を呈する音が出る。たがここでひとつの疑問が浮かぶ。
ひとりの人間がふたつの異なる音を同時に出せるものなのか?
ということである。からは無理である。読経のような低い声を出すために口の筋肉を総動員しているのだから。では、どこから出すのか?簡単である。口以外から音を出せばよい。 その中で最も一般的な方法はであり、多くのホーミーシンガーたちはこの方法を用いていることが多いとされる。

よく使われる第二音源[編集]

二つ目の音源としては以下のようなものが使われる。

これが最も一般的

歌いながら歯軋りを行うのは非常に難しい行為であるが時々やってのける猛者がいたりする。しかし、歯軋りはギロのような低音に属すため、ホーミーではないとする意見もある。

これは違う。私は概要で「同時に音を出す」と言ったはずだ。これはもちろんホーミーではない。ただの合唱(いや、それ以下かも知れぬ)ではないか。

時々これを使う人もいるが、一人の行為ではなく何らかの共同作業によって発声されている可能性を否定できずやはりホーミーとは言いがたい。というか、口からはひとつの音しか出せないとさっき書いたであろうに。ちなみに一人のみの行為に発生した音はこれに含まれない。

実際にホーミーで歌う[編集]

  1. まず綺麗な声が出るように42日間発声練習。
  2. 二つ目の音源を準備。屁を使用する場合は何らかの方法でガスを誘発する。
  3. 発声しながらもうひとつの音を出す。

この時、どちらか片方に集中しすぎるとホーミーとして成立しなくなるので両方に神経を注ぐことが必要になるが、出来る人は何も考えずとも二つの音を同時に出せると言う。練習によって素敵なホーミーを習得できると言うひともいるようだがなかなか難しいようである。

関連項目[編集]

11059583579444.jpg この項目「ホーミー」を執筆した人は、キラの力により殺されてしまいました。そこでこれを見ているあなたにこの記事の未来を託します
無理にとは申しません。だって執筆者は殺されている訳だし…。 (Portal:スタブ)