ボクシング・デー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ボクシング・デー(英語:Boxing Day)は、イギリスなどにあるキリスト教に由来した休日。日付は12月26日聖マルティヌスに感謝をささげるため、当日は各地でボクシング大会が開かれる。

行事[編集]

ボクシング大会で奮闘する少年。19世紀後半
危険なボクシングの例。19世紀後半

異教徒の軍勢を素手で退け、改宗させた聖マルティヌスの業績に感謝し、またその力にあやかるため、イギリスでは各地でボクシング大会が開かれるのが伝統となっている。

優勝者には翌年のキリスト教行事における年男のような役割を与えらるため、老若男女、非常に多くの人々がこの大会に参加する。

なお、現代のボクシングの原点はボクシング・デーに行われていた拳闘大会にあると考えられている。一種の季節行事として行われていたボクシングが、その人気から次第にスポーツ・エンターテイメントとして定着、現在のボクシングにつながったというのが通説である。

ただし、かつてのボクシングは現在のそれほど洗練されておらず、非常に危険な行事であった。怪我人が出ることはしばしばで、時には死者が出ることさえあり、1754年には死者が多いことを理由にボクシングが禁止されたこともあった。そのため、子供や女性のボクシング・デーへの参加が認められるようになったのは、近代に入ってからである。

日本におけるボクシング・デー[編集]

日本においては直前のクリスマスが定着してしまっていることもあり、ボクシング・デーに対する認知度は極めて低い。プロボクシング・世界チャンピオン会は12月26日をボクシングの日と位置づけ、ボクシングの普及を図っている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ボクシング・デー」の項目を執筆しています。