ボルキャンサー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ボルキャンサー」の記事を執筆しています。

ボルキャンサーとは、特撮番組仮面ライダー龍騎にて5話〜6話にかけて登場する最強の仮面ライダー、仮面ライダーシザースの最強の契約モンスターである。

概要[編集]

仮面ライダー龍騎にて5話〜6話と2回しか出てこないモンスターである。しかし後述のゲルニュートの様に専用の主題歌を持っていたりすることは無い。

(決して最弱だからではない)

その強さは劇中最強の筈のゴルトフェニックスすらもビビって最終回まで姿を現さなかったほどである。 しかしその強さは半端ではない。

(決して最弱なのではない)

しかし本編ではうっかりシザースが仮面ライダーナイトのファイナルベントを喰らい、カードデッキが砕け、契約破棄と見なしてシザースをカニしゃぶにして食べたが、最後は龍騎のファイナルベントを喰らい死亡した。

(断じて最弱だった訳では…ない)

モンスターというより仮面ライダーに見える…わけねえだろ!……ステレオタイプな悪の面を持つモンスターである。

仮面ライダーで登場したモンスターの中で唯一、アンサイクロペディアに専用記事を持っていたが、突然のゲルニュートのお株上昇により、ボルキャンサーの優位性、存在感、記事の価値、などが失われ始めている。

能力[編集]

攻撃力
攻撃力は3000AP。あの青眼の白龍と同じ、ドラグレッダーやマグナギガとは格が違う。
シザースピンチ
1000APを誇るボルキャンサーの両腕。ガイやタイガのストライクベントと違って盾の機能を兼ねず、攻撃に特化した軽量な武器。表記されているスペックは低いが、そもそも特撮における攻撃力の数値化など無意味なので全く問題ない。
シェルディフェンス
2000GPを誇るボルキャンサーの甲羅。ゾルダのギガアーマーやオーディンのゴルトシールドとは格が違う。
シザースアタック
シザースのファイナルベントで威力は4000AP。他のライダーに余裕を見せ付けるための手加減技である。この他にもシザースを肩車して突進するシザースプレッシャー、ボルキャンサーが引きずった敵をシザースが持ち上げて握り潰すシザースブレイク等合計13のファイナルベントがあるが、強力すぎたため使用されることはなかった。

契約ライダー[編集]

仮面ライダーシザース
本編最強と名高く、デスマスクから続く「蟹系最強説」を更に高次元で立証した仮面ライダー。

詳細は仮面ライダーシザースを参照。

その他ミラーモンスターの方々の意見[編集]

必 死 だ な

ゴルトフェニックス「俺のファイナルベントは10000APだぜ!」。
ゲルニュート「俺なんか、破格の待遇で3作品で登場だぜ!!!」
他のミラーモンスター達「ゲルニュートが羨ましいよ…………ところでさっきから隅っこに座ってる蟹型モンスターだけど……どこかで見た様な?……誰だっけ???」

関連項目[編集]

崩壊753.jpg 待て!貴様が今見ているこの項目『ボルキャンサー』は仮面ライダーに関連した書きかけ項目だ。それが分かったら、その命、神に返せ! ハハハ…ボタン… 俺のボタンだ!! くっ!? 離せ! 俺はバウンティハンターの名護啓介だぞ!! (Portal:スタブ)