ポールピペット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「メスピペット」の項目を執筆しています。

ポールピペット(英:Paul pipette)とは、オスピペットの一種である。ホールピペットではない、決して。

概要[編集]

ポールピペットは、フランス人化学者のポールが提案したことからその名前がついた。似たような成り立ちに、駒込ピペットがある。

昔は口で吸い上げていたが、今はピペッターという便利な道具ができた・・・にもかかわらず、今でもで吸い上げる例が多々ある。でも精密な実験や危険な実験では口を使わないほうがいいよ。

ピペットの標線まで溶液を吸い上げることで極めて高い精度で液体をはかりとることができる。

使用上の注意[編集]

容器内に残った最後の一滴については、残尿感が残って良くないため出すようにしよう。上のお口を塞いでから、玉の部分を握って暖めてあげるとたまらず出してしまうはずである。つぶれてしまっては大変なので強く握ってはいけない。やさしく、ソフトに。

海外だと残したりすることもある。手先の器用な日本人はこのようなテクニックが得意なのだろう。

共洗い必須。余計なが混ざってしまってはいけないよ。

メッセージ[編集]

そこのB4、ポールピペットを乾燥機に突っ込むんじゃない!

関連項目[編集]