マクシム・ゴーリキー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Kfcstalinsexiest.JPG
ヨシフ・スターリン同志が
あなたを見ている!
ソビエト社会主義共和国連邦閣僚評議会付属国家保安委員会認可
本項の文章と内容は、完全に正しい事実としてソビエト社会主義共和国連邦閣僚評議会付属国家保安委員会第10課長により認定されており、
全ての無産階級人民と、ソビエト連邦共産党員に見せることが認可されています。
この資料を疑うことは思想犯罪であり、疑った場合は国家反逆罪の対象とされます。
国家反逆罪とされた者に対しては、KGBよりポロニウムまたはシベリア鉄道の切符が無料で贈呈されます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マクシム・ゴーリキー」の項目を執筆しています。

マクシム・ゴーリキー(本名・アレクセイ・マクシーモヴィチ・ペシコフとは共産主義者に大人気の小説家である。

本人の写真。右下に何と書いてあるかは読めなくてもいい。下手だから。

概要[編集]

マクシム・ゴーリキーとは、「最大の毒」という通称を持つロシア生まれの作家である。今も昔も何かと物騒なことで話題であるロシアにて生まれ育った。社会の検閲により削除したくなる部分を描いた「どん底」という名前からして暗そうな小説を出版すると一躍人気者になった。死後数十年がたった今でもあちこちに名を見かけるほどロシア国内に浸透している。

作品[編集]

彼の作品で一番有名な「どん底」は、幼少期に母を結核でなくし祖母に育てられるが、その祖母が亡くなると自殺未遂を起こしてしまうほどの失意のどん底にのまれ、自殺未遂のあともしばらくは抜け殻のように職を転々とし、心身ともに安住の地もなかった自らの半生を下敷きに執筆された。「どん底」は当時のロシアのプロレタリアート層に大うけし、共産主義者にも歓迎された。

経歴[編集]

どん底の出版が縁で後にソ連名物の銅像のモデルとなったレーニンとも仲良しとなり、濃厚な関係のある同志となった。しかし、第一次世界大戦後、お互いの考えがずれてきたために関係は破局。寒いロシアから暖かく陽気なイタリアに移住した。が、陽気な風土が体に合わなかったのかロシアに帰国した。帰国後はソ連の偉大な指導者として君臨したスターリンに気に入られた。その後しばらくの間にキューバの議長や北朝鮮の将軍様と肩を並べるほどの地位を持つようになり、レーニンと同じく自分の名前のついた街や道路や工場や公衆便所があちらこちらに誕生したりして、どこまでもちやほやされていた。また世界各国を旅行しながら共産主義の広告塔として活躍した。

そんな彼も最期は自身の名の通り最大効力の毒を盛られて没したとされる。マキシム・ゴーリキーの名は剣でなくペンで社会と戦い時代を先導したロシアの英雄として今も国民の脳裏に刻まれている。

関連項目[編集]