マスク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

マスクとは、日本の民族衣装である鼻や口の周囲を覆う布。現在では国際的にも日本のみならず広く利用されている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マスク」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

前史[編集]

マスクは、平安時代における武士の台頭と共に登場した。彼らが着用するには、頭を保護する機構のほかに、顔面を覆う機構が存在していた。これがマスクの起源である。この当時は兜の一部分としての認識により、固有の名称は無かった。

しかし、室町時代末期のポルトガル人の来航の際、彼らが西洋の兜と異なる日本の分離した兜の構造に興味を示し、当時のバテレン宣教師が手記に記述したとされることからこの名称が定着したとされる。名称の由来は大都会、岡山で当時より知られていた名物であるメロンの品種から。

江戸時代[編集]

島原の乱以降、大規模な戦闘行為が行われなくなると、兜の一式を展示または保管する際にマスクが邪魔になり、次第に日常における男性ファッションとして着用されるようになった。この形のマスクが盛んに着用されたのは元禄年間のことで、蚊から顔面を保護する(生類憐れみの令により重要な問題であった)効果もあり大流行したが、その後の改革倹約令によりマスクは金属製から布製に、また保安上の理由から口と鼻の周りだけを覆うものに変化し、化政年間には現在のマスクの形が完成した。

近代[編集]

マスクド竹之内一家

明治維新以後、欧米の専門家たちが日本にやってきた。彼らはマスクを着用することが日本の清潔な環境の維持に役立っているのではと考え、本国にマスクを紹介したが、欧米での対人コミュニケーションの方法から一般にはなかなか普及せず、医療分野での利用に留まった。

また、大日本帝国政府はマスクを日の丸君が代に並ぶ国家的アイデンティティーと捉え、併合ないし植民地化した諸地域に広く普及させた。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

現在の利用[編集]

日本[編集]

どこにでもある家族写真

日本では、マスクは現在世の中のあらゆる物の怪・怨霊等から鼻と口を防護するための役割を果たしている。一般レベルでの利用から、オーラの泉に影響された医療等専門分野での利用まで幅広いが、国家的アイデンティティーとしての側面は、GHQの指導によりタブー視されている。

マスクとサングラスを併用した正装で銀行郵便局コンビニエンスストアなどに行くのが望ましい。

東アジア[編集]

韓国中国台湾でも日本での事例と同様にマスクは利用されている。言うまでもなく日帝残滓であるが、特に韓国などでマスクを廃する動きが無いのは全くもって不思議である

韓国[編集]

韓国では、デモに関わる者がマスクをつけることが一般的である。日帝がかけた魂の次元で闘争を行うことを禁じるという呪いを口元を保護することでかわす効果があるとされている。前述した事項を考慮に入れるとより一層皮肉な面が浮かび上がる。

中国[編集]

中国では、マスクの原点回帰が起こり始めており、白無地だけではなく、チェックなどファッション性に優れたマスクが使用され始めている。

その他の地域[編集]

医療分野では、世界中のありとあらゆる地域で利用されている。しかしこの経緯については日本とは異なり、パスツールが日本での事例に習いマスクを利用することにより、自然発生する可能性があるハエの増殖を抑えたという故事にちなんだものである。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

その他のマスク[編集]

画像マスク[編集]

真っ黒な画像をマスクした例

画像マスクは、せっかく用意した絵の一部を透明にして描画するイラストレーター泣かせの技術の一つである。 二次元はこの技術を使うことで2.5次元に次元上げすることができるとされ、工学部の人は技術的にも趣向的にもマスクといえば画像マスクを思い浮かべる。

マスクメロン[編集]

マスクメロンは、メロンにマスクをつけただけのものである。


こん項目「マスク」は、執筆者がクラックばキメとった可能性もあるけんが、今はまだクソの山ばい。より愉快にして下さる協力者ば求めています。さぁ、これば見とる貴方(貴女)も、恥ずかしがらんでん書き込んで見よう! (Portal:スタブ)