マスタードガス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「その辺のパイプから精製マスタードガスぼーんっ!!マスタードガスはやばいよー。ビラン性でびらんびらんだよ~」
マスタードガス について、三枝葉留佳

マスタードガス(ますたーどがす)とは、ソーセージホットドッグの捕獲に使用される遅効性弱毒の薬品である。液体状態では粘着性が強く、くすんだ黄色をしており、からしわさびを想像させる刺激的な臭いが特徴。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ソーセージ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

野生のホットドッグの幼体。まだサイズは小さく色も白いままで食用には向かない。野生種の保護の為にも幼体はリリースすることを心掛けましょう

一時は養殖物ばかりだったソーセージおよびホットドッグだったが、1990年頃から天然物が人気を集め始める。しかし、ソーセージ類は、ちょっとでも傷がつくと鮮度が落ち味も悪くなる為、猟銃カスミ網などの一般的な狩猟法を使っての捕獲はできなかった。ここで脚光を浴びるのが、戦前までは広く使われていたマスタードガスである。

元はドイツの科学者が農薬を開発中に偶然産みだしたものだったが、ソーセージ類の筋肉と神経を一時的に麻痺させるという特性により、その後、捕獲に広く使われることになった。しかし第二次世界大戦による原材料不足から生産が困難になり、戦後も乱獲により絶滅の危機に瀕した野生ソーセージ保護のための狩猟禁止、一方で養殖物が大量生産流通で一般化するなど、野生のソーセージ狩りそのものができなくなったことからマスタードガスの需要も減少。ソーセージの品種改良施設で使われるために極少量が生産されるのみとなった。ただし、筒罠手づかみといった捕獲手法に関しては、鵜飼いなどと同様に伝統文化という位置づけが成されたことで継続は認められ、少量ではあるが天然ソーセージも食通や高級レストラン向けに流通し続けた。

卵から孵ったばかりのソーセージ

しかし、バブル期、天然物のソーセージ特有の固めでぱりっとした歯ごたえのある皮や辛みと刺激の伴う風味が再評価を受け、天然のソーセージの個体数が増えてきたこともあって、その捕獲が再開されると、有効な狩猟法としてマスタードガスもまた復活を遂げることになった。だが、マスタードガスを使えば素人でも大量のソーセージを捕獲することが可能であるため、再び乱獲そして絶滅という事態を引き起こすことを防ぐことを目的として、その使用所持には厳格な条例が定められることに。現在、市場に出回る天然物ソーセージ/ホットドッグのうち75%がマスタードガスで捕獲されたものであり、残り24%が筒罠、1%が手づかみである。

マスタードガスの最大のメリットは、ソーセージやホットドッグには極めて有効であるには関わらず、人間を含めその他に生物にはほとんど影響がなく、しかも気体状態なら24時間前後で完全に分解し無害になってしまうことにある。これにより生態系の破壊を最小限に抑えつつソーセージの大量捕獲が可能になった。特に開発元のドイツではすぐさまソーセージの狩猟が大人気となり、当時の酒場ではその日の獲物を味わいつつジョッキを傾ける光景がよく見られていた。ビールの定番としてソーセージが好まれることになった背景にはこのような歴史があるのだ。

マスタードガスは弱毒性のため人体への悪影響はないに等しいが、鼻の奥がツンとする、舌がピリピリする、涙が出てくるといった独特の刺激があり、時折これが病みつきになって夜食として摂取する者も存在する。しかし、これ自体毒性があるため中毒症状を引き起こすためお勧めはできない。

使用に関して[編集]

一般的なマスタードガス(液体状態)保管および持ち運びの際にはこのように耐衝撃性の容器を用いることが望ましい

免許と許可[編集]

マスタードガスは、一部研究機関を除き、ソーセージ/ホットドッグの捕獲以外を目的とした使用所持が禁止されている。またソーセージ/ホットドッグの狩猟とマスタードガスの購入には、免許と自治体の許可が必要となる。一部地域では組合への登録も必要。ソーセージ/ホットドッグの狩猟期間は、6月11日から8月10日までの約2ヶ月と定められており、違反者は10万円以下の罰金ならびに免許取り消しの罰則規定がある。9月から10月にかけては産卵期にあたり特に保護期間とされているが、卵を抱えたソーセージは独特の触感から「粗挽き」と呼ばれ人気が高く密猟者が絶えない。また密猟された粗挽きの取引が暴力団の資金源にもなっており社会問題にもなっている。

携帯に便利な半練りタイプ。希釈にはちょっとしたコツと慣れが必要

狩猟[編集]

まず狩猟区に入る。マスタードガスの使用期限や分量、散布器に異常がないか入念に確認すること。また安全の為にも専用のゴーグルとマスクを着用した方がよい。事前にザワークラフトケチャップなどの撒き餌を行い、ソーセージを集めた方が効率はよいが、他の野生動物も集めてしまう可能性があるので注意すること。

風向きと周囲に人間がいないことを入念に確認することがマナーでもある。強風や雨の中だとガスが薄れて効果が無くなってしまうので注意。その後、専用の散布器によりマスタードガスを噴霧する。遅効性の為、効果が現れるまで30分前後の時間が必要。ここで焦ると、まだガスが充分にまわっていないソーセージが暴れてしまい傷がついてしまう為、散布後の時間を計ることを忘れない様にしたい。ただし極端な正確さまでは要求しないので腕時計携帯電話でも問題はない。

ソーセージ/ホットドッグの回収にはトングが使われることも多いが、極力傷をつけないようにと熟練者は素手での回収を好む傾向がある。ただし、ガスによる麻痺状態のソーセージも完全に動けなくなっているわけでもなく、力の加減を間違えると痙攣を起こして破けてしまうこともあるので、初心者はむしろトングを使った方が確実である。

捕獲したばかりのソーセージ

捕獲後の処理[編集]

人間への毒性は弱いとはいえ、食用にするにはマスタードガスが完全に分解するまで待った方がいい。最低でも12時間、できるなら24時間以上待つことが望ましい。狭い空間に大量のソーセージを詰め込むと、ストレスから共食いを始めたり味が落ちたりするので、1匹ずつ独立したケースに入れガスが抜けるのを待つのが一般的である。熟練者はガスを散布の際、液体状態で希釈させることによりガス抜きの時間を短縮させるが、効果が薄れた分捕獲そのものが難しくなる非常に高度なテクニックである。特殊な例ではあるが、先述した中毒者のように、ソーセージ内に残留したマスタードガスの風味を好み、あえてガス抜きを行わない者もいるが、あまりおすすめはできない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マスタードガス」の項目を執筆しています。


Hitlerefficiency ハイル・ヒットラー!
このマスタードガスは、偉大なる我らがアーリア民族の築き上げた最高の文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告を!!ジーク・ハイル!!!! (Portal:スタブ)