マタニティハラスメント

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マタニティハラスメント」の項目を執筆しています。

マタニティハラスメントとは、妊婦若しくは経産婦による嫌がらせを差す言葉である。

概要[編集]

妊娠出産を行った事を笠に着て、男性や出産経験のない女性に対して精神的/肉体的嫌がらせの総称として用いられる。妊婦の場合は法的優遇性や社会通念上の観点から「大事に扱われて然るべき」と傲慢な態度や行動、経産婦の場合は「お産に比べれば楽」「子供生んだことも無いくせに」と言いがかりを付けてマウンティングすることで相手を従わせようとするケースが多い。

日本では俗に「弱者の強権」と呼ばれる「我々は社会的に弱い立場なのだから優遇されるべき」という思想が古くからあるが[要出典]、マタニティハラスメントはその典型と言える。特に妊娠中の女性は外部からの刺激(物理的暴力だけでなく、ストレスによるホルモンバランスの変化なども含む)により悪性の妊娠中毒症や流産を招きやすく、言うなれば人質を胎内に抱えているようものなのでその効果は非常に高い。また日本社会が少子化状態にある中で、妊娠出典を行っている事から「社会に貢献している分、上等な人間である」と言う自己過大評価へと陥る事で更に深刻なマタニティハラスメントが行われるようになっていくのである。

妊婦によるマタニティハラスメント[編集]

電車内でのマタニティハラスメント。

胎内にいる「もう一人」を絶対的な味方とし、これを人質にすることで無理を通そうとする傾向が非常に強い。市役所や運転免許試験場等公共機関での順番待ちでは「妊婦だから」と横入りするし、バスや電車では「お腹大きいんだから譲りなさいよ」とプレッシャーをかけまくるのが常。また家族など身近な人間に対してもハラスメントが及び、掃除洗濯どころか布団の上げ下ろしまで押し付け自分は「動くと良くないし」とゴロゴロするだけの文字通り「身も心も腰も重い嫁」となって家族に迷惑をかけるのである。

ちなみに、近年良く言われるように妊娠中に過度の運動制限をすると、体重増加が進みすぎて難産に繋がると言うのが現代産婦人科医療の常識である。デブは締まりが良いと言うのは太りすぎてにまで肉がついているからだが[要出典]、膣は産道を兼ねるものであり子供が出てきにくくなるし体脂肪が内性器を圧迫する為切迫早産を招きやすいと言われている。

経産婦によるマタニティハラスメント[編集]

経産婦の場合、上でも上げた「お産に比べたら何でもない」という強引な理屈を振りかざして周囲を翻弄する。しかし出産時はホルモンのバランスが大きく崩れ感覚機関もメチャクチャになるため、その段階での感覚が必ずしも正しいとは言い難い[要出典]。そもそもその理屈でいくと「生きている癖に文句を言うな」という次元にまでたどり着いてしまうのだが。また「子供も産まないで一人前の顔をするな」など前時代的な価値観を振りかざす場合もまた厄介である。

尚経産婦の中でもマタニティハラスメントは行われており、彼女らの中では「苦しいお産をした方が格上」というマウンティングが行われる。自然分娩をした経産婦は無痛分娩をした経産婦を「痛みがないと母性が芽生えない」と貶すし、その二人は帝王切開をした経産婦を「ちゃんとしたお産でないと、子供が可哀想」などと馬鹿にして顧みないのである。

関連項目[編集]