マッチングアプリ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「マッチングアプリ」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました

マッチングアプリとは、少子化晩婚化対策として作成された携帯端末向けアプリケーションソフトの総称である。

歴史[編集]

マッチングアプリの歴史は1995年アメリカから始まったと言われている。アメリカでは1960年代にウーマンリブ(女性解放運動)が流行して以来、恋愛人生の切り離しが進んだことで日本より早く少子化や晩婚化が問題視されるようになっていた。また「男らしさ」「女らしさ」が実質的にタブー視されるようになり[1]、アメリカの若者たちにとって色恋沙汰が「美しいフィクション」として認識され能動的な恋愛活動を行う層が増えたこともそれに追い討ちをかけていく事となる。そんな中、インターネットという匿名性の高いメディアの登場が事態を一変させた。周囲に知られることなく、しかし本音をぶつけられるこの新しいツールが恋愛を変えたのである。

初期の所謂「マッチングサイト」は手動検索型が主流で、自分が望んだ内容と合致する相手を自ら探すものだった。そこからより個人情報と紐付けられるスマートフォンアプリとして進化し、その情報を自動的にマッチングし最適な相手を探し出すオートマッチング形式が現在のメインストリームとなりつつある。

概要[編集]

相性の良い相手が複数見つかるケースも。

マッチングアプリでは端末に登録された個人情報や持ち主の遺伝子情報を解析しクラウドへとアップロードすることで、その情報から使用者に最適なパートナーと成りうる相手を自動的に見つけ出すという非常に優れたアプリケーションとなっている。これは単に交際相手として相性が良いだけでなく、遺伝子レベルでの解析により交配相手としての最適性も導きだしており、すぐに結婚/子作りが可能な相手と出来る限り早期に巡り会う事が可能である。

そうやって若いうちに結婚し多くの子供をもってもらえば、時間はかかるかもしれないが確実に少子化晩婚化に歯止めが掛けられる、とマッチングアプリに期待する声は非常に多い。勿論その性質上マッチングアプリは成人した独身男女の使用を前提としており、未成年や既婚者の利用は推奨されない。

誤解[編集]

マッチングアプリはマッチングに際し多くの個人情報を必要とする都合上、情報漏洩の危険性が高いとされることがある。ただし一般人の個人情報はそもそも価値が低く名簿屋へ行けば二束三文で購入が可能なものであり、特別な理由がない限り漏れても問題はない[2]。なおマッチングアプリの危険性としては画像のように相性の良い相手が見つかりすぎて一人に絞れなくなったり、逆に個人情報からすると相性は合うが心情的にはどうにもそぐわない相手と結ばれてしまうなどのトラブルが報告されている。とは言え色恋沙汰がシステマチックに全てうまく行くものならば、最初から誰も悩みはしないのだが。

脚注[編集]

  1. ^ 特に「女性は家事をするべきではない」という声が大きく、その後TVディナーロボット掃除機の普及が更にアメリカの家庭文化を破壊していく。
  2. ^ これはSNSの普及により「ネットでは一般人と芸能人の区別はない」「個人情報は徹底的に保護するべき」と、セキュリティ会社が利益のため過剰な情報保護を推進している事が大きな要因となっている。

関連項目[編集]

みさくらなんこつ マッチングアプリいじられると …く…なるぅ… うぁぁ..
んあっ!! んあおっ!! もっ....とぉ、いっいじてぇっ!!
ばんじゃいっばんじゃい゙っぱゃんに゙ゃんじゃんじゃいぃぃっ!! (Portal:スタブ)