マーク模試

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「マーク模試」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

マーク模試(-もし、正式名称は「マークシート型模擬試験」らしいけど誰も気にしない)とは、丸を適当黒く塗りつぶして問題を答えていく、マークシート方式の模試である。たいてい、中学生高校生がこの模試を行っている。

なお、大学入試センター試験宝くじの一種なのでこれには含まれない。そもそも模擬試験じゃないんだけど。

概要[編集]

中学生が行う教科は、国語数学理科社会英語(主に私立)であり、大抵の高校生が行う教科は、国語・数学IA・数学IIB・化学I、生物I、物理I、地学Iの中から最大3科目(物理Iと地学Iの2つを同時に受験する事はできない)・地理B、日本史B、世界史Bのいずれか1科目・倫理政治経済現代社会からいずれか1つ・英語(筆記)・英語(リスニング)などである。

受験に必要な科目を選択するのだが、高校生が行う教科が多くなる傾向にある(最大6教科9科目!)のは気のせいである。丸一日で行われることが多く、受験する当人らにとってはストレスの対象になっているのが現状である。逆に、教師は自分で採点せずに済み、問題配布・回収やマークミスのチェックだけで仕事が終わるので、これは給料(税金)泥棒と言わざるを得ない。

問題点[編集]

マーク模試の一例。
Hydeが作ったもの。

マークには記述がないので楽かと思われるが、そんなことはない。ずっと問題を解いていて集中力を切らし、マークミスをするのがしばしばだ。

他にも、同じ数字がずっと並んでしまったり、反対に特定の数字が全然塗りつぶされなかったりすると、何処か間違えているのかと疑心暗鬼になる。これが問題作成者の策略なので、注意されたし。

また、汗がシートについて書いたマークが消えにくくなったりもする。他の問題点も列挙する。

その一[編集]

  1. すぐに答案を配られ、精神疲労している最中で自己採点しなければならない。
  2. 途中、問題用紙の方に答えをチェックしていなくて焦る。
  3. 採点が終わって、自分の点数が低かったことに落胆するorz
  4. 高い点数をとったヤツが憎たらしくなる。
  5. いじめ勃発

その二[編集]

  1. すぐに答案を配られ、精神疲労している最中で自己採点しなければならない。
  2. 途中、問題用紙の方に答えをチェックしていなくて焦る。
  3. 採点が終わって、自分の点数が低かったことに落胆するorz
  4. 自分より低い点数をとったヤツを見つけて後ろ指を指す。
  5. いじめ勃発

疑心暗鬼に陥るマーク[編集]

ここで疑心暗鬼になるマークの仕方をここで紹介する。

直線型
一番不安になるマークの塗りつぶし方。同じ番号の選択がずらっと並んでしまう。
逆直線型
これはある数字が全然塗りつぶされないもの。直線型ほどではないが、これも少々心配になる。
模様型
規則正しく綺麗な模様みたいに塗りつぶされる例。まばらになっていないと、これもまた何処か間違っていないかと疑ってしまう。
連結型
塗りつぶしたマークの番号が前後繋がっているもの。何処かで途切れていないと心配する。逆もまたしかり。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マークシート」の項目を執筆しています。


この項目「マーク模試」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)