メグロ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メグロとは、黄色をしたスズメメジロ科の小鳥。冗談ではなくて、とてもとても不幸である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「メグロ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

目の周りの白い羽毛の外をさらに取り巻くはっきりとした黒いアイラインが20世紀末に流行ったガングロメイクの様に愛らしさを強調しており、背中は緑色で腹が黄色いのが春らしい雰囲気を醸し出している[1]、とてもとても可愛い小鳥である。

名前が一般的に知られている割に、世界中をさがしても生息地は日本だけである。しかし、その日本国内でもほとんど普通の手段では見ることができない。東京都内の某所に大量に生息しているのだが、実際に見に行こうとすると目黒駅から一昼夜かけても辿り着けない。しかし一度生息地まで行ってしまえば、集落周辺でごく普通に見かける。警戒心が緩く、東京都内だというのに年がら年中そのあたりを飛んでいるメグロが居る。

落語でも秋刀魚と絡めて題材にされているのだが、肝心の落語の内容は秋刀魚の話ばかりで終わってしまって、メグロ自体は全く出てこない。かわいそうです。

メグロは囀る声も非常に美しい。しかしそもそも生息地が僻地過ぎるので聴いている人がほとんど居ない。かわいそうです。

特徴[編集]

特別天然記念物であり、さらに環境省レッドリストに掲載され、国内希少野生動植物種にも指定されているという、まさに絶滅寸前の鳥類である。かわいそうです。

当然、種の保存法によって、野生のメグロを捕獲して飼育することは禁止されている。どうしてもメグロを飼いたい人が居るかもしれないが、中国にすら生息していないので輸入に頼ることもできない。かわいそうです。

料理[編集]

メグロはまた食べても美味であるという。しかしそもそも生息地が余りに限られているので日本産の貴重な野生メグロを食べた話を聞いたことがない。こんな事を言い出したのは誰なんだろうか。あまりにもかわいそうです。

注釈[編集]

  1. ^ 生息地は常夏の地だが

関連項目[編集]

この項目「メグロ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)