メロディックスピードメタル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情2頭の牛が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「メロディックスピードメタル」の項目を執筆しています。

メロディックスピードメタルメロスピ)は中二病音楽である。「アニメソングっぽくてダサい」などと揶揄されることもあるが、アニメソングがメロスピっぽい(メロディックスピードアニメと称されることもある)だけである。ヘヴィメタルの荒々しさに、キャッチー又は哀愁漂うメロディー、そして変態的な疾走感を併せ持つ。 クサメタル(Xa-Metal)とも言われることがあるが、余りにもクオリティが低すぎる場合、クソメタルと呼ばれてしまうことがある。Archontesとか。どちらにしろ素人が安易に近づくと鼻がひん曲がって死ぬ。

また特徴として、ヴォーカルは超絶ハイトーンビブラートギターキーボード速弾きドラムは一生ツーバスを踏み続けなければならない、ベースは目立ってはならない、などの暗黙のルールがある。また、BPM500を越えるとメロディックスラッシュと呼ばれ、演奏すると死ぬ。

ヴォーカルの練習方法[編集]

基本はハードロックブルースと大して差はないが、「あああああああああ!」を特に力を入れて練習する必要がある。 また、他のメタル系と比べるとややシャウトが少なく、元ハロウィンのケツ顎の猿真似が多いのが大きな特徴である。 多くの場合メタルヴォーカルはジューダス・プリーストロブ・ハルフォードガンマ・レイカイ・ハンセンのように脱毛症であることが多く、メタルヴォーカルをこころざす野郎は注意が必要である。なお、アーライ!という呪文を高音ヴォーカルで唱えるのが通例である。 余談だがSILENT FORCEのD.C.クーパーはメロスピ界一の歌唱力を持つ。

ギターの特徴[編集]

ピロピロ鳴らしという、ピロピロ飲みの派生的な演奏法を行う。特に顕著なのはドラゴンフォースで、ライブでのピロピロっぷりと言ったら暴走族の「パララパラララパララララ~」ってやつかと思うぐらいである。

ベースの特徴[編集]

メタリカのメタルジャスティス並に聞こえない、とにかく目立たない、メインソングライターでもない限り滅多に前に出ない、と踏んだり蹴ったりのポジションである。 良い例が、Sonata Arcticaのマルコである。

しかし、DRAGONFORCEのフレデリク・ルクレリクなどは最近オシャレをし始め目立とうとしている

ドラムの特徴[編集]

一般的には、テンポ200でさえもかなりの体力と鋭いリズム感が要求されるが、スピードメタル類のテンポはそれを遥かに凌駕しており、平均テンポ325程度である。200BPMはバラードに分類される。この領域のドラミングは人間には到底不可能なもので、通常はサイボーグ削岩機などが用いられている。 また、通常ドラマーはツーバスを使うが、ドリーム・シアターマイク・ポートノイのように足を三本持つドラマーは、スリー・バスを使うこともある。 しかし、リズムキープがしっかりしている必要はあまり無い。というか褒められたりもする。

キーボードの特徴[編集]

ピロピロ、キラキラというオノマトペがしっくりくる音色で、リスナーに「くさっ! このメロ超くさいよ!」と言わしめるのが仕事である。非常に高い演奏技術が求められるため、幼い頃からエレキギターアコースティックギター二胡、テルミン、エアギターなどといった楽器を完璧にマスターしておく必要がある。でも練習しすぎるとSkyLarkのエディー・アントニーニという糞キーボーディストみたいに、単音ばっかで弾いてしまうような不要物になってしまう可能性がある。BeholderというバンドのWish for Destructionという曲のプロモーションビデオでは、歯キーボードなる奏法を見ることができる。しかし、これは最高のキーボーディストでなければ習得できない危険な奏法であるので、素人は真似しちゃいけないぞ! なお、「Beholderはメロスピか?」というツッコミは受け付けない。