モアイ像

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
モアイから転送)
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ母性が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
モアイ像の頭部
乗れます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モアイ像」の項目を執筆しています。

モアイ像(もあいぞう)とはイースター島の古代人が作った殺人兵器の事である。お地蔵様と言う説も有る。

機能[編集]

いつもは地面に体だけが埋まっているが スイッチを押すと地面から体が出現し、目からビームが出て、口からイオンリングを吐き、手からミサイルを撃つ。さらに飛ぶ事も可能で宇宙ぐらいまでは飛べる。 また、モアイ像自体が歩いて移動していたという伝承も存在しており、最近の研究により自動歩行兵器としての機能も発見されたらしい。

移動可能?[編集]

前述の自動歩行兵器としての機能については賛否両論となっており、木製のソリに乗せて大勢で引っ張っていたという説が存在していたのだが、 最近の研究によれば、立った状態のモアイ像にロープを巻き付け、それを交互に引いてまるで歩いているように移動させたという説が有力とされている。

仲間[編集]

モアイ像にも仲間はおり、ピンチの時や死んでしまった時に出てくる。

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

[編集]

関連記事[編集]

わくわくさん.jpg うん、ゴロリぃ、この「モアイ像」はね、まだ作りかけなんだぁ。だからね、ここをね、こうして、こうしてぇ、…こうするとぉ!…ほぉらできたぁ!それじゃあみんなもたのしく加筆してみてね!つくって、ワクワク! (Portal:スタブ)