モロヘイヤ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モロヘイヤ」の項目を執筆しています。

モロヘイヤ(Molokheiya, ملوخية‎)とは、の野菜にして野菜の王様である。

概要[編集]

アオイ目シナノキ科に属する一年生草本で、繊維をとることを主目的として栽培される。葉っぱは食べられないこともないが、果実は有であり、含まれているストロフェチジン(ステロイド類、強心配糖体)によって、運が悪ければ血性心不全によって死亡する[1]事もある。

歴史[編集]

古代エジプトにおいて、ファラオがラーの神託[2]によってその全土を統一した際、ホルス神(王の司る神であり、その正統性を承認する役目を負う)とオシリス神(美と永遠を司る神であり、その王位を祝福する役目を負う)が祝いの品として奉げ持った666の宝物の一つが、このモロヘイヤ(古エジプト語で「王の物(ムルキア)」を意味する)である。力強い生命力[3]と驚異的な再生力[4]をもってよく国を治めよとの祝福であり、その後数百年ほどはうまく行ったとか行かないとか。

この伝承から「モロヘイヤは美容アンチエイジングに効果がある」という都市伝説が生まれたのであった。

料理[編集]

美味しくて、栄養満点。

モロヘイヤの果実は有毒だが、葉っぱの部分はカルシウムカロテンビタミンBビタミンCなどの滋養に富んでおり、ムチン(粘素)による独特の匂いが気になるものの食べられない事はない。また、モロヘイヤ特有のあのネバネバ[5]オクラとも納豆とも違う、あの感覚)によって好き嫌いが大きく分かれると言われているが、慣れてしまえば却って新鮮な味わい(食感)を堪能することが出来る。そのままおひたしスープ天麩羅にすることも多いが、中東・北アフリカ風に肉[6]と一緒に煮込むとエキゾチックな食卓を演出できるかも知れない。また、乾燥させた粉末をパンなどの粉モノ(うどんもんじゃ他)に練りこんでしまえば案外食べられるものである。最強の組み合わせとしてはモロヘイヤにオクラ納豆を組み合わせることである。ただでさえネバネバする3種の食料が、それぞれの独特のネバネバ感を引きたてているので、一度試してみると織田裕二Love Somebodyを歌いたくなるほどのネバネバ(Never Never)感を味わうことができるよ。

脚注[編集]

  1. ^ 平成8年10月に運の悪いが中毒によって二頭に分裂した事例があるとか。
  2. ^ ファラオは「ラーの化身」を自称していた訳であるから、つまり単なる自作自演である。
  3. ^ 痩せた土地でもよく育つのである。あのネバネバに何か秘密がある筈である。
  4. ^ 葉をもぎっても翌日には生える程である。あのネチョネチョが鍵である。
  5. ^ 過熱しなければ粘りは出ないため、あのネバネバが嫌な人はそのまま食べるのも一興である。
  6. ^ お好みで肉でも肉でも肉でも構わないが、宗教上の理由で豚肉だけはタブーである。

関連項目[編集]