ユンケル係数

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ユンケル係数(ユンケルけいすう、Juncker's coefficient)は、家計消費支出に占める精力剤のパーセントのこと。

概要[編集]

ルクセンブルクの首相兼大蔵大臣であるジャン=クロード・ユンケル(Jean-Claude Juncker)が1857年の論文で発表した。

夫婦夜の営みが一定水準を超えて昼夜を問わない営みに発展すると夫が精力剤を必要とするようになり、家計に占める精力剤の割合が上昇する。これをユンケルの法則という。一般にユンケル係数が高い家庭ほど夫婦の夜の営みが活発とされ、論文では、ユンケル係数の高低から将来の人口予測が可能だと述べている。

日本では、過労死寸前の労働者のユンケル係数が独身者であっても上昇することから、ユンケル係数の高低がかならずしも性生活水準を表す指標となっていないことが指摘されている。また、派遣社員正社員などの異なる社会集団の比較には必ずしも役立たない言われている。

日本ではユンケル首相にあやかって佐藤製薬株式会社から精力剤のユンケルが発売された。ルー大柴も愛飲している。

関連項目[編集]