ユーモアの決定的欠落

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ユーモア欠落症から転送)
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

ユーモアの決定的欠落(ユーモアのけっていてきけつらく)、あるいはユーモア欠落症(ユーモアけつらくしょう)は、栄養・日照量の不足が原因とされる精神疾患である。現時点では「ユーモアの決定的欠落」が正式名称と考えられている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ユーモア」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ユーモアの決定的欠落」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

この症状は、ユーモアを理解する能力を失うことや、興醒めなことを面白く感じて周囲に喚き散らしたりすることを主な症状とするソーシャル(社会性)疾患の一つである。

人格障害の一種であると考えられているが、人格障害が多くの場合においてお察しくださいというほどの「手遅れ」であるのに対し、「ユーモアの決定的欠落」は対症療法や転地療養で治癒した例も報告されている。しかしこの治癒可能と言う面から軽視されている傾向もあり、早期治療が肝要な同症状を自ら悪化させている者も見られ、問題視される。

ソーシャルスキル疾患のため、早期治療を行わない場合は以下のような合併症など、副次的な問題を発生させ易く、当人の精神的発育の健全性面での影響も危惧される。

  • 冗談を言われて怒って喧嘩になる→お友達ができない
  • 困難な状況を笑い飛ばせない→マラソン選手とゴルファーにはなれない。
  • 部下の失態をジョークを交えてフォロー出来ない→リストラ課に配属される。
  • センスがなく、ちっとも面白く無い→空気が読めずにこんな事件を起こす
  • 毎日が面白くない→アンサイクロペディアを見るくせに寄付をしない。→寄付をしよう!
    Donation button.png
  • アンサイクロペディアを見る。→上質なセンスがまったく育たない。

症状[編集]

この疾患には以下のような症候が認められる。

  • ジョークの何処が面白いかわからない。
  • ジョークを見聞きすると不快感・吐き気を覚える。
  • ジョークを聞いて楽しんでいる人を見ると憎悪の念を抱く。
  • ジョークの不条理な点を的確に指摘して優越感にひたる。
  • ジョークをパーティーで言うと周りから人がいなくなる理由がわからない。
  • ジョークの中の登場人物が自分のことだと勘違いする。
  • ジョークであることを理解できずにマジギレする。
  • ジョークと悪口の区別がつかない。
  • ユーモア欠落症についてさらに詳しく調べようとする。

発症メカニズム[編集]

この疾患は、栄養の偏りや日照量不足が主な原因と考えられている。

これら栄養素の偏りでは、特に自覚症状が乏しいケースも見られ、またこれを指摘されると怒る・暴れる・辺り構わず罵り回るといった症状も出るため、当人がよっぽど自制するか、あるいは周囲の者が気を付けるべきである。

栄養の過不足[編集]

不足している栄養素にはビタミンB1カルシウムポリフェノールのほか、シュークリーム分アンフェタミンないしアルコール及びγーヤルキニンアンサイクロペディアがあると考えられている。逆に過剰な栄養素としてはトゥインキー鉄分が挙げられる。

治療[編集]

一部では喫煙による崇拝が一時的に効果があるとする報告も出ている。但しこの方法は未成年者の場合は違法であるため注意が必要である。煙を吸うにしてもドライアイスを引してはいけない。ドライアイスには火の加護がなくの呪いがあるためである。 なおウィキペディアの「喫煙」の項目を見てわかるように、ウィキペディアンは喫煙行為を鬼の首を取ったように憎悪し止まないためウィキペディアンには喫煙は薦められない。怒り狂って「喫煙」項目の「ノート」に「最近健康のためにジョギングをしているが車の中で煙草を吸っている人間が多く非常に迷惑している。喫煙は止めるべきだ」などと意味不明の投稿をしかねない。

栄養の過不足では、食餌療法が取られるが、バランスの良い食事のために「友達の家でご馳走になる」や「デートやパーティーに積極的に赴き、十分な栄養を摂取する」が勧められている。日照量の不足では、日当たりの良い場所を訪ね歩くなどの対症療法のほか、着衣を脱いで戸外を走り回るなどの過激なショック療法も提唱されている。このショック療法では、日光の十分な吸収と共に「これ以上恥ずかしいことは無い」という開き直り効果もある。

また、荒治療法として、パソコンネットラマダーンするという方法がある。パソコンというデジタルものは便利になると同時に、アナログの生活習慣を忘れさせ、終いにはこの症状に陥るという大きな原因となっている。アナログな生活を心がけたうえで、アナログな人間関係を築くことを心がければ、充分に治療可能である。

少なくとも、戸外に出て日光を十分に浴び、できれば充分にナンパすることが重要だろう。出来れば転地療養が望ましい。例えば大阪道頓堀周辺や東京池袋サンシャイン60付近、あるいは夏の観光地・海水浴場などは、十分な日照量とナンパスポットが確保可能である。

アンサイクロペディアに没頭した場合も、効果があると多数報告されている。ただし、アンサイクロペディアを編集・閲覧する者の多くはネットばかりしている引きこもりであり、そもそも「アンサイクロペディアに没頭する」=「ネットに没頭する」ことであるから、アンサイクロペディアで笑いは取れても、外世界では完全な内輪ネタに見られることも多いので注意が必要である。

ユーモア欠落症と見られる主な人物や団体[編集]

  • ウィキペディアン
  • アンサイクロペディアン - 一部ではあるが、ユーモアが飽和状態になっているアンサイクロペディアで長く滞在していると感覚がなまってしまい、ユーモアの根本が分からなくなる。
  • 教師
  • 政治家 - 彼らにはユーモアが微塵もないが、彼らの行動・発言は時として非常にユーモラスなものである。
  • その他

関連項目[編集]