ルイ・アームストロング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ルイ・アームストロング (Louis Armstrong, 1901年 - 1971年)とは、世界的に有名なジャズミュージシャンである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ルイ・アームストロング」の項目を執筆しています。


スターへの道[編集]

ルイ・アームストロングは1900年のアメリカ独立記念日[要出典]に、ニューオーリンズスラム街に生まれた。父親は愛人をつくって家を出て行き、母親もよく育児放棄したので、祖母が幼い彼とその兄弟たちの世話をした。母親は売春をし、彼自身もやがて兄弟とともに新聞配達をしたり拾ったものを売ったりして金を稼ぐようになったが、言うまでもなく暮らし向きはよくならなかった。自分も周りの人々もみな貧しかったが、ルイ・アームストロングはけっしてくじけなかった。というのも彼には音楽の……いや、一度くじけた。街中でピストルを撃ち警察沙汰になったのだ。とはいえ、悪気があったわけではなく、パレードの爆竹に対抗しようと思っただけ[要出典]なので、厳密には撃って「しまった」と言うべきだろう。若気の至りである。

ともかく、幼いころからの音楽への情熱が彼を踏みとどまらせた。少年刑務所内のブラスバンドに入った彼は「コルネット」に出会う。この小さな金管楽器が彼をどん底から救った。彼は日々練習に打ち込み、出所後はニューオーリンズきってのコルネットの名手と認められるまでになった。そしてアメリカ各地の楽団で技を磨き、プロのジャズプレーヤーとしての道を歩み始めるのだった。ここに至るまでの苦難の時代について彼は、「シュビドゥビドゥビドゥビドゥビドゥバッバァ、ディリディリデュダッダー、ディッドオッ、ディッドオッ、ディッダッダラッダディリリダッダァ、ダランダランダッダァ、ドゥドゥビドゥビドゥビシュビドゥバッバー、ダバダダビドゥビドゥバッバァ、ディリディリディリディリデュダッダー、ディッドオッディッディデュウ、シュビドゥビドゥビドゥビドゥビドゥバッバァ、ダッダッフンダ、ダッフンダ、ディリディリデュダッダー、ディッドオッ、ディッダッディリーダッダァディリーダッダァ、ハッ!」と回想している。

ルイ・アームストロング2.jpg

スキャットというこの歌唱法は彼が編み出したものと言っていい。演奏中に歌詞を忘れた、緊張のあまりトランペットを握り潰してしまった、スイングの最中勢い余って死人を出してしまった、突然の尿意を追い払いたい、借金取りが来た、嫌な客が来た、の機嫌が悪い、やる気がなくなってしまった等、あらゆる都合の悪い状況を打開することが出来る。にっちもサッチモ行かなくなった時、彼はとりあえずスキャットをやり、喝采を受けた。毎日ラッパを吹いては汗を流し、即興の歌詞を必死で考えては脂汗を浮かべた。いつしか彼の額はてかてかになり、顔の筋肉は異様なまでに発達した。
ルイ・アームストロングはアメリカにおける大スターになった。彼は大いに吹き、歌い、ミュージカル映画に出演した。彼のバンドはアメリカを飛び出し、ヨーロッパに赴き、日本にまで来た。彼の音楽は世界を席巻した。

そして――

そして宇宙へ[編集]

I see trees of green...... red roses too

アポロ11号.jpeg

I see em bloom...... for me and for you

アームストロング.jpg

And I think to myself... what a wonderful world.

ルイ・アームストロング.jpg

I see skies of blue...... clouds of white

月面着陸.jpg

Bright blessed days......dark sacred nights

月面の足跡.jpg

And I think to myself

ルイ・アームストロング3.jpg

...what a wonderful world.

Earth01.jpg


oh,yeah......

関連項目[編集]