レジ袋有料化

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レジ袋有料化(-ぶくろゆうりょうか)とは、名ばかり環境対策である。

概要[編集]

レジ袋有料化とは、令和2年7月1日より実施された小売業者で無料で配布されていたレジ袋を有料化する無茶ぶりである。「プラスチック資源循環戦略」という、どう考えてもレジ袋有料化とは程遠い戦略から導き出されたレジ袋のゴミを減らすための概念であり、消費者も何となく環境にいいことした気になる実によく考えられた策である。レジ袋が当たり前にある生活を見直し新しいライフスタイルを築くことを目的としている。

と、このように建前は環境問題、特にレジ袋による海洋汚染の問題に取り組む姿勢を表したものである。やたらマイバッグの使用が推奨されており、マイバッグを買わせるための政策ともいわれる。

環境的側面[編集]

レジ袋は基本的に商品を購入した際に配布されていた。レジ袋のコストは購入された商品内に入っており、もともとの単価もごくごく安いことから小売店としてもサービスで配っても問題のないものであった。有料化は、「タダだったレジ袋に金なんて払えるかよ」という人間の心理をついた実に効果的なレジ袋削減の手法である。使いまわす貧乏人のことを考えると想定より多くのゴミ削減効果が期待できる。マイバッグの使用が推奨されているが、普段使っている袋、風呂敷、もちろん袋を使用せず素手で持ち帰るなど様々な手法がある。

今回のレジ袋有料化で有料化の対象になっていないレジ袋も存在する。再利用が可能な厚手の袋、生分解性プラスチックを使用した袋、バイオマスを使用した袋がそれにあたる。いうまでもなく意識高い系のレジ袋である。そもそも厚手でなくとも、レジ袋は複数回利用できる。わざわざ厚みを指定したり再利用可能を押し出す必要はない。生分解性プラスチックやバイオマスの袋は一見環境に良さそうだが、その作製過程で消費されるエネルギーやコスト、廃棄される薬剤などの環境負荷が無視されている。普通のレジ袋より生産コストの高い生分解性プラスチックやバイオマス製品が逆にタダで配られているのはおかしな話である。

経済的視点[編集]

コンビニやスーパーではレジ袋は1枚3~5円となっている。そしてマイバッグの使用が推奨されているが、個人消費の面から見た場合様々な問題が隠されている。一般的なマイバッグを2000円とし比較すると、一日一回買い物をしたとすると、3円のもので667日、5円のもので400日で元が取れる計算となる。しかし、一人暮らしなど買い物の頻度がそれよりも少ない場合元が取れる日数がどんどん増えていく。3日に一回の場合は3円で2000日(約5年半)、5円では1200日(約3年3か月)となりマイバッグの耐久性のほうが怪しい。また、レジ袋を使いまわすことは不可能ではなく、いままで使用していた別の袋でも代用可能であり、わざわざレジ袋有料化に合わせて新規でマイバッグを買う必要性はない。レジ袋有料化はプラスチックゴミの削減をうたったものであるが、正しく経済計算ができているかを見る側面もあり、わざわざレジ袋有料化に合わせ新しくマイバッグを大量購入し余計な消費をしている人は違う意味でライフスタイルを見直すべきであろう。

参考[編集]

経済産業省 レジ袋有料化[1]