レーザーブレード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ンレェザァァァァブレードッ!

レーザーブレードとは、主に宇宙刑事とかが使用する光の剣である。決してブォォンブォォォンって鳴るヤツとかのパクりではない。もともとは剃刀の刃という意味である。

概要[編集]

1982年にバード星から地球に飛来してきた宇宙刑事が怪人にとどめを差す際に使用したのが最初とされる。 「レーザー・ブレードッ!」というイキのいい掛け声を発して、刃を手の中に通すとただの剣がみるみる光の刃となる。 だが実際はただの剣であり、光の刃などあるわけが無い。現実は厳しいのである。 カメラマンさんと協力してアレすると、このようなフェイク映像が作れるのだ。 ただし例外として真っ暗な場所での戦いの際は、蛍光灯をそれっぽい持ち手にくっつけた物が使われる。 1977年に公開された某映画に出てくるブォンブォォンとかいう物も、同じフェイク映像によるものである。

使用例[編集]

  1. 相手のわき腹に突き刺します。
  2. 火花がいっぱい出ます。
  3. 頃合いを見計らって抜きます。
  4. ポーズを決めます。
  5. 相手は爆発します。

これを使った必殺技[編集]

  • ギャバン・ダイナミック
宇宙刑事ジャン・ギャバンが放つ必殺技。レーザーブレードをおおきく振りかぶって相手に振り下ろす。相手は死ぬ。初期の頃のとどめを差した敵はすごく綺麗に真っ二つになっていたが、物語が進むにつれてバンク映像を使用するのに無理が出てきたので、誰が死んだのかわからないように爆発するようになった。斬ったのに爆発って方もどうかしているが。ウルトラマン級に巨大化した怪物もこの一発で真っ二つ。等身大ヒーロー史上最強の必殺技かもしれん(まあ、マジレスすれば山を一瞬で貫通した仮面ライダーカブトのマキシマムハイパーサイクロンに適うとは思わんが)。
  • シャリバン・クラッシュ
宇宙刑事舎利板が放つ必殺技。相手は(ry。太陽をバックに一閃する映像美はものすごいものがある。この必殺技シーンは後世に伝わるべきである。もし彼女がいたらこのシーンを見せれば濡れること間違いなし。そのままアーン♥ ♥に持ち込めるぞ!
  • シャイダー・ブルーフラッシュ
とてもシャイな新人宇宙刑事が使う必殺技。相(ry。文字通りの必殺技であり、結局一度も破られなかった。横一文字に切り裂く姿は非常に格好いいが、なんで「スラッシュ」でなく「フラッシュ」なんだろうか。不思議獣以外にもギャル軍団を斬殺したりもした。

有名な使用者[編集]

関連項目[編集]


Tokusatsu-stub 今、『レーザーブレード』は文章がつまらなすぎる。君の助けが必要だ。
さあ、今すぐ加筆してくれ! (Portal:スタブ)
ひよこ この項目「レーザーブレード」は書きかけだよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 (Portal:スタブ)