携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ワンセグから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービス」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
ロゴ

携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービス(けいたいでんわ・いどうたいたんまつむけのワンセグメントぶぶんじゅしんサービス、:One-segment partial reception service for cell phones and mobile terminals)とは、日本国内で携帯電話カーナビなど地上デジタルテレビ放送が視聴できる兵器のサービスである。長すぎて覚えられない人のためにワンセグとも言われる。

概要[編集]

携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービスは、テレビをアナログからデジタルに進化させる時に、需要の高かったモバイル端末やカーナビへ導入すると儲かるという目的で開発された。受信兵器を小型化できる利点がある。スマートフォンから電子辞書など、さまざまな製品に組み込まれている。

テレビであるため、携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービスの受信にはインターネットはいらなく、パケット通信量を消費することはないが、携帯電話でデータ放送を見たときには謎の電波で送受信しているので、謎のメッセージが表示される。受信機だけでは謎の画面は見られない。

組み込まれた兵器[編集]

ニンテンドーDS
ニンテンドーDSシリーズ(DSi、3DSも)では「ワンセグ受信アダプタ DSテレビ」という名称で携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービスのソフトがある。見た目は完全にあれなので、ダサいとしか言えない。価格は6,476円で高い。現在は生産終了。
PlayStation Portable
PlayStation Portable PSP-2000/3000でも、ワンセグチューナーという名称で携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービスのソフトがある。見た目はDSよりはマシ。本体よりは小さいが、結構でかい。群馬テレビが見られない。これも現在は生産終了。
携帯電話
携帯電話では、携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービスが最初から入れてくることが多い。受信料を払わせるNHKの政策なのである。
スマートフォン
スマートフォンでも、携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービスが入っている物がある。しかし、iPhoneではジョブズが嫌っているのか入ってない。
パソコン
パソコンにも、携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービスが入っているものがある。大きい。デスクトップパソコンは移動できない。
カーナビ
カーナビにも、携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービスが入っているものがある。事故防止のため、移動中には画面が映らず音声だけ流れるようになっている。
Papyrus
Papyrus PW-TC900・TC920・TC930という電子辞書にも携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービスはある。授業中でも「電子辞書だ」と言ってテレビが普通に見れる。

このように、携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービスはいろいろな所で使われている。

問題[編集]

受信料問題[編集]

携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービスは、NHKの放送が見られるので、受信料を払う必要があるかという問題。もしそうだとすると、携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービス対応ケータイを持っていれば、絶対に払わなければならないことになる。NHKは、払ったらいいだろと主張している。生活笑百科あたりに聞くといい。(もちろん、受信料を払ってからで。)

名前の長さ[編集]

長い!.jpg

携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービスは、名前が長いと言われていて専門家からも「ワンセグ」と言われている。正式名称にしなければいけないウィキペディアでも、記事名はワンセグなのである。(「携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービス」から「ワンセグ」に移動済み。)外国でも1 segと言われる。どこの国の人も長いと思っているのだろう。

関連項目[編集]

おそれいりますがこのままちょっとお待ちください.jpg この番組「携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービス」はまだパイロット版です。
実用化に向けて更なる検討を必要としています。 (Portal:スタブ)