出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「」の項目を執筆しています。

一(イチ・イツ・ひと・よこぼう)とは、漢字の一つである。

特徴[編集]

  • 1=2の定義より、である。
  • 誰にでも簡単に書ける。
実験として、2歳のスウェーデン人に書かせてみたところ、見事に綺麗な「一」を書き上げた。
書道で最初に練習する文字だが、こんな単純な文字でも素人と玄人では出来栄えがまったく異なる。
  • 一番画数が少ない漢字だと思われていたが、実はそうではなかった。しかもあんな複雑な「」と同じ画数である。他にも同じ画数の漢字は「亅」「ヽ」「乚」など多々あり、その点ではなにも特別な漢字ではない。
残念。ちなみに「 」(全角スペース)が最も画数が少ない漢字である。

使い方[編集]

コメント[編集]

「簡単ってレベルじゃねぇぞ!
一 について、モノウ・ルッテレ・ベルジャネーゾ

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「」は何故か「1」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
この項目「」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)