万能人間

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

万能人間(ばんのうにんげん)は、様々な才能を持ち合わせた優良人種のことである。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「万能人間」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

万能人間とは[編集]

かの小泉氏も、政治家でありながらプロセグウェイ選手であった。大型、小型を問わず輝かしい実績を誇る。

天才には2つの種類があり、1つの事なら誰にも負けない才能を持っている一極タイプと、大体の才能は普通の人より物覚えが速い万能タイプがある。万能人間、別名ユーティリティ人間は後者のタイプに該当し、スポーツなどでは多くのポジションをこなせる選手がこう呼ばれる。ただしプロのスポーツ選手は選ばれた者達の集まりなので、前者の熟練度が高い選手から定着しているポジションを奪うのは非常に困難である。ヒデも万能人であり、現在は自分の新たなる可能性を探して世界を旅している。

万能人間の例[編集]

キムタク[編集]

有名な万能人間の例であり、アイドルでありながらプロ野球選手として活躍しているキムタクは、ダンスで鍛えたステップで驚異的な守備能力を持ち、投手以外のポジションを全て守れる。これは背がそんなに高くないので、ダンスの技術で身長の低さをカバーしようと並々ならぬ鍛錬を積んだ結果であり、なんちゃってデビルバットゴーストくらいならなんとかできる程度の脚力を身につけている。そして彼はスーパースイッチヒッターでもある。これはバッターボックスで右でも左でも打撃を行える両打でもあり、ホームランで外野スタンドに設置されている球場自爆スイッチを意図的に押せる程のバットコントロールと、ファンの頭をアフロにさせて感激させるパフォーマンス力、経営を大赤字にするサプライズを起こした事でスーパースイッチヒッターの称号を手にした。

シューマッハ[編集]

更に、世界ではもっとすごい奴がいた!種目が違うスポーツでそれぞれ活躍する者いて、F1で知られる見得張る・シューマッハはレース以外にもサッカーが得意であり、自身の口から「実は俺の正体はロナウジーニョだったんだ。超能力で瞬間移動して、顔を変えて試合に参加していたんだ。」と衝撃の事実が語られた。この発言によりシューマッハはドライバー、サッカー、超能力、超能力による瞬間整形、策士の5つもの能力が常人を凌駕している事実が判明し、一躍時の人となった。

赤い人[編集]

だが宇宙には、もっととんでもない奴がいた!赤いのが大好きなアレな人は、MSのパイロットとしだけではなく、民衆共を焚きつける才能もあったために、なりたくも無い指導者になったりノリノリで指導者になった事もあった。まあ、エゥーゴに参加してる時も割りとノリノリで演説していたけれども。しかし万能人と言えども、死んじまった女の事を旧友とうだうだ言うときもある。それでも忍耐力などはかなりのもので、今も青き清浄なる世界の為に地球に住まうクズ共と戦い続けている。ただし地下深くには例のあの人が眠っているので、いくらサザビーと言えども勝てる見込みは無い。

その他[編集]

ピエール瀧などはタレント、作家、ゲームプロデュースなどで活躍している。更には姿を変えて回復アイテムや学校にまでなっている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ユーティリティープレイヤー」の項目を執筆しています。