三浦泰村

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

三浦 泰村(みうら やすむら)は、鎌倉時代の武士。「共食い犬」こと三浦義村の嫡男だが、親父のような狡猾さがなく、なおかつヘタレであったため、政敵安達氏と抑えの利かない弟達に翻弄された挙句、執権北条時頼に見捨てられて滅ぼされた。

泰村の印象[編集]

泰村は1247年の宝治合戦と呼ばれる合戦で、執権北条時頼に滅ぼされたことで有名な人物である。宝治合戦の著名さから北条氏と真っ向から敵対した人物という印象を抱かれがちだが、実際の泰村は、北条氏と微妙な均衡を保ちつつも、「いい人」であった北条泰時の娘を妻に迎えては、泰時の「泰」の字を受けているなど、ある程度は友好関係を保っていた。そしてその関係は泰村の後の代に至るまで続くはずであった。政敵の安達氏さえいなければ。

宿敵安達氏[編集]

安達氏は泰村が当主をつとめた三浦氏同様鎌倉幕府旗揚げ以来の有力御家人の一族であり、三浦氏とは度々権力闘争をしてきた間柄であった。とりわけ安達景盛は三浦氏に対する敵対意識が強く、何が何でも自分が生きている間に三浦を滅ぼすというすさまじい執念の持ち主であった。景盛は三浦を滅ぼすために、まずは自分達安達一族と北条のつながりを深めるため、女子を北条氏の嫁にいれ、気がつけば安達の娘が新世代の執権の母親になっていた。そして外戚となった景盛はその立場を利用して三浦排斥に邁進するようになる。泰村にも景盛並の執念があれば先手を取り逆に安達を潰せたかもしれないが、悲しいかな、泰村はヘタレすぎたのであった。

そのヘタレぶりについて[編集]

三浦氏に関しては泰村よりも弟達の方が血の気が多かった。特にすぐ下の弟である三浦光村などは、皇族将軍九条頼経に接近し、頼経が名越光時らと共に倒幕の謀略を巡らせた時などもこれに荷担していた。泰村が光村と同調していたら北条・安達と三浦の争いはどちらに転んだか分からなかったが、泰村はヘタレだったので、光村に同調せず去就を曖昧にした。

また宝治合戦の際も、三浦を陥れようと罠を次々にしかける景盛の迅速さに対して、泰村の動きは緩慢だった。光村が事ここに至っては決起しかないと促しても、未だに弁明の内容を考えている始末であった。そして吾妻鏡保暦間記などの史料によると、緊張のあまり食べた粥を吐いてしまったというのだ。このことから、緊張やストレスに極度に弱い性格であったことが推測される。もうこの時点で武士の一族をまとめる棟梁に向いていないのだが、泰村本人は果たしてそれに気付いたのだろうか。

なお、増鏡にも、泰村のメンタルの弱さを指摘する記述がある。それによると、泰村は弓矢の腕は一流で腕力も強かったが、人の上に立つ指揮官としてはお世辞にも優れているとはいえず、致命的な弱点として主体性がなく他者に便乗してばかりであったという。鎌倉における評定でも、泰村は常に他者の意見に「そうだよ(便乗)」と便乗してばかりであった。このため角逐していた安達義景から舐められ、最期は彼のしかけた挑発に引っかかって滅ぼされた。

また、軽度の知的障害を患っていたのではないかという説もある。例えば吾妻鏡に、三浦泰村は頭に白菜をぶつけられると喜ぶというおかしな性癖の持ち主であったという記述がある。近習の田所野獣左衛門が泰村の頭上から大量の白菜を落とすと泰村は非常に喜び、人々はその狂態を見て硬直したという。当時の関白九条道家も、「三浦介は虚けの体」(精神疾患を含む病弱)と評していた。

武人としての勇猛さについて[編集]

一方で泰村は武人としては勇猛であった。承久の乱では父三浦義村の命令に従い進軍、「よし、じゃあぶち込んでやるぜ!」と威勢の良い啖呵を切り大暴れしたという。しかしその勇猛が裏目に出ることも多かった。泰村はある正月の儀式で他の御家人に対して「お前さっき俺らが着替えてる時チラチラ見てただろ」と因縁を付けて、ついに喧嘩に発展するという暴力沙汰を起こしている。他にも若手の御家人に「嬉しいダルルォ!?」と脅し文句を言いながら性交を強要するなど、問題行動が多くあった。

最期[編集]

執権北条時頼は、実は三浦討伐にさほど乗り気ではなく、和解の道も一時期模索していた。しかし泰村があまりの優柔不断ぶり、ヘタレぶりを露呈してしまったがために、泰村、ひいては三浦をさほど惜しい存在だと思わなくなり、安達景盛に迎合して三浦を滅ぼすことに決めてしまったのである。さらに、泰村はこの時強硬派の弟光村と一時の喧嘩別れ状態にあって離れ離れになっており、そこに景盛と時頼の迅速な進軍があったため、弟の光村の部隊の分断された形で幕府軍の強襲を受けてしまったのである。全て泰村のヘタレぶりが招いた事態であった。

かくして泰村ら三浦一族は自害することになるのだが、何と弟の光村は、わざわざ敵陣の中を突きぬけて泰村の元へと向かって合流し、そして泰村の指示に従い鎌倉の法華堂で共に自害している。血の気が多く兄の定まらない去就に反発していた弟の光村だが、最期に泰村の意向に従ったことで、泰村の三浦一族棟梁としての体面は保たれることとなった。

…のだが、弟の光村は敵に首を取られても自分と分かるまいように頬と鼻をはじめ顔の皮を全て刀で剃り落として自害するという凄まじい最期を遂げたのに対して、泰村は普通に自害してしまったため、最後の最後まで弟に武士としての印象で遅れをとってしまったのであった。

予言[編集]

泰村は死に際して、「次は安達一族が俺達と同じ運命を辿る」と予言したという。この予言は的中し、約40年後に安達泰盛が同じように北条貞時平頼綱に滅ぼされた。だがこの泰村の予言は南北朝時代に成立した「保暦間記」を出典とするものである為、保暦間記の作者による都合の良い後付け設定である可能性が高い。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三浦泰村」の項目を執筆しています。