三色同刻

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

三色同刻(さんしょくどーこー)とは、麻雀の役の一つである。特に打点に優れた役であり、麻雀の基本とも言われる。

概要[編集]

萬子・索子・筒子それぞれで同じ数字を3つ集めるだけの簡単な役である。にもかかわらず2翻となかなかの打点を持つ。鳴いても2翻なのも大きなポイントである。利点だらけでデメリットといったものが特に無い役で、初心者から玄人までよく使われる役である。三色同順という役もあるが、ある程度打てる人でも存在を忘れるほど影の薄い役であり、三色というと通常は同刻の方を指す。

利点[編集]

  • 鳴いても2翻と高打点。
  • 対々和三暗刻混老頭といった高打点の役との複合が可能。
  • 3種類の牌を集めるだけなので比較的容易。三色同順は9種類の牌を必要とする。
  • 使う牌の種類が少ないのでドラが一気に乗って相手は死ぬ。
  • 三麻でも使える。

欠点[編集]

これといって無い。

[編集]

Sannshoku d.JPG

三色同刻の例。1000点10万円のレートなら子で20万円、親で29万円と大量の諭吉をゲットできる。

ここだけの話[編集]

大三元も三元牌を3つ集めるだけの簡単な役なわけで、まあそういうことである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三色同刻」の項目を執筆しています。


この項目「三色同刻」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)