三菱・ランサーエボリューション

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三菱・ランサーエボリューション」の項目を執筆しています。

ランサーエボリューションとは、スタリオンGTOといった超高性能兵器を開発した三菱財閥が開発している最新のモビルスーツのことである。1992年の発売以降毎年のように改良、開発が行われていたが儲からないので進化をやめた。一方相方のインプレッサはWRXとして独立したとはいえボクサーターボAWDという特徴を全面的に押し出して市民権を得た。なお、エボⅥまでの市販車の正式名称はランサー GSR/RS Evolutionである。

進化の度合い[編集]

落ちても大丈夫である。ってこのままだと時限爆弾になりかねないんだが...。
行け!僕らのランエボ!汚い斗与太をぶっ倒せ!

量産型ランサーをベースに毎年のように三菱財閥技術者による魔改造が行われ各部がシリーズごとに強化されている、しかし機体の大型化が進み従来の軽量コンパクトボディにハイパワーユニットという最大の特色は徐々に薄れてきており巨神兵化が進んでいる。∀以降は迷走気味ではないかというのは関係者の話だ。

  • ランサーエボリューション…第1世代ランエボ。ベースモデルを無理矢理ハイパワー化。隙だらけのひっでー車。
  • ランサーエボリューションⅡ…改良型。まだまだ地味。
  • ランサーエボリューションⅢ…豆腐屋漫画なんかで有名に。外観が徐々にエグくなり始める。
  • ランサーエボリューションⅣ…第2世代に突入。電子制御化も進む。また、日光に生息しているサルでも運転できる特別仕様車でもある。
  • ランサーエボリューションⅤ…ある意味小型セダン+ゴテゴテエアロの完成形。GT-Rキラーなどと称され、筑波サーキットでは格上の車達を次々とフルボッコにしてしまった。
  • ランサーエボリューションⅥ…WRCで神話を誇ってたのも実質このモデルまで。フランスではヤクザの車。フォグランプにカバーをつけるとなんだかアーン♥♥
  • ランサーエボリューションⅦ…第3世代に突入。ATモデルを設定したり迷走が始まる。
  • ランサーエボリューションⅧ…グリルが変。
  • ランサーエボリューションⅨ…なんか小細工された改良型。グリルは変。
    • ランサーエボリューションワゴン…ちょうどそこらへんで売られていたランサーの上半身にエボⅨのシャーシを接合する魔改造を施した一品。
    • ランサーエボリューションIX MR…特に変化なし。ランエボ界の「誰も気にしない」。
  • ランサーエボリューションⅩ…第4世代に突入。このモデルのみカタログ載りを果たした。
  • ランサーエボリューション ファイナルエディション(Final Edition)…最終形態。飯のまずさ世界一の国では一日たたないうちに予約終了。

評論家の意見[編集]

ある評論家はこの車について次のように語っている。

「峠の王者はランエボだ。」

またこの評論家はこの発言の後、某社のパンダを名指しで

「アウト・オブ・眼中」

とも語っている。

OEM[編集]