三行廃棄物

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「三行廃棄物」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

三行廃棄物(さんぎょうはいきぶつ)とは、所謂「スタブ未満」の記事の事であり、俗に「1行記事」「実質2行記事」「2.2行記事」「甘く見積もって2.5行記事」「短いよ」「内容が無いよう」などの呼称で呼ばれる事が多い。また「三廃」(さんぱい)と略される。

現状[編集]

現在、社会では自らの利益の為、或いは嫌がらせとして三行廃棄物を撒き散らす人間が地域や国内外を問わずに多発しており、深刻な社会問題、また環境問題となっている。三廃を撒き散らした当事者は行政処分の対象となるが、これは当然の事である。しかし一向にその数が衰える事は無く、個人の資質やモラルさえも問われ始めているのが現状である。

各国に置ける三廃問題[編集]

アンサイクロペディア[編集]

アンサイクロペディアも例外ではなく、日々業者が対応・回収に追われている。当国では過失の下、三廃を投棄してしまっても、親切かつユーモア溢れる言葉で注意を促してくれるので神経質になる事はないだろう。また三廃に気が付いた地域住民が予めどの家庭にも配布されている「{{db}}ステッカー」を貼り付ければ、直ぐに業者が回収に来てくれると言う効率の良いシステムが確立しており、三廃が放置してある事は滅多にない。しかしその「{{db}}ステッカー」を無闇に貼り付けて回ると超ユーモア的措置が発動されるので、当然ながら、いたずら半分に貼り付けるものでは決してない。

ウィキペディア[編集]

ウィキペディアでは三廃を「サブスタブ」として蔑む方針が脈々と受け継がれており、これらを不法投棄する者は厳罰として物理的な苦痛を与えられると共に、頭の固い臣民から心無い言葉と共に精神的苦痛を負わされる[要出典]為、余程の思想を持つ人間以外のスタブ作成は細心の注意を払わねばならないだろう。

チャクウィキ[編集]

チャクウィキでは基本的に内容さえあれば1行でも記事として認められ、誹謗・中傷であるか、或いは既存項目への統合の可能性を除けば処分される事は殆ど無い。したがって「廃棄物」とは得てしてその「中身」を差したものであり、ある意味上記の例よりも辛辣と言えば辛辣である。罰せられる事は少ないが、バカからお小言を頂く事もあるので注意が必要である。

日本[編集]

取り分け日本で問題視されているのが「靖国神社」に置ける三廃問題である。この問題は何故かアジア圏を巻き込んだ国際問題に発展してしまっており、各国でその模様が報道される度に激しい抗議活動が展開される。気持ちは分からなくも無いが、例え不快に映ったとしても日本国内のゴミ問題くらい日本国内で解決すべきであり、著しい内政干渉である事は言うまでも無い。

関連項目[編集]