三重町駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三重町駅」の項目を執筆しています。
Vulcanoctopus connie.jpg
この項目には、グロテスクな記述が含まれています。
脳と消化器官の連携が強い等の理由で吐き気がする方は、お医者様に相談して閲覧を中止するなどしてください。
Mikuru Asahina.jpg
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、対象箇所は消去しました。

三重町駅(みえまちえき)は、大分県豊後大野市三重町のどこかにある豊後大野市の代表駅である。合併されたのにも関わらず、なぜ、駅名を変更しないのかと接近放送を詳しく言わないのかいまいちよくわからないの駅である。

駅周辺[編集]

駅を出て数メートルほど行くと市街地があると思っているが、それは嘘である。本当は、幻覚で目の前は田んぼだらけの駅である。そもそもなぜこんな駅が代表駅なのかというと、特急列車が止まるからである。なぜ、こんな駅に特急列車がとまるかは、不明。

駅構造[編集]

なんかホワイトハウスみたいな駅である。国鉄時代からの伝統的な駅らしく、JRと書いていない。駅名板は九州のオリジナル駅名板である。

ホーム[編集]

出来た当時の三重町駅のホーム
現在の三重町駅のホーム

島式ホーム2面2線を持つ。なぜそんな形になったのかは,バキューンうわなにをするやめrくぁwせdrftgyふじこlpお察し下さい

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で何者かに殺されてしまいました。
あとは適当に頑張ってください。(Portal:スタブ)

事態・疑問・営業・停車等[編集]

この駅はいろいろなことがあるため、テレビ雑誌広告等に世界的有名となっている。

みどりの窓口の設置と営業について[編集]

こんな田舎の駅になぜみどりの窓口があるかはお察し下さい

営業について 24時間営業 年中無休(つまり、年末年始も営業中 (なぜ・・・・))だれも利用しないって。

徳川家康がこの駅をぶっ壊したことについて[編集]

1586年12月31日の大晦日徳川将軍(全員)がこの駅を利用したが,途中で徳川家康のである徳川家光が駅内の天井にをぶつけて大怪我をした。たいしたケガではなかったので列車に乗れたが,今後もナニモノかが頭をぶつける可能性があると思い、この駅をぶっ壊した。すぐ復帰に取り掛かったため,1587年1月1日(元日)に復帰した。(復帰早・・・)。それ以降、この駅を利用する人達は,駅内の天井にをぶつけないように注意している。だから、この駅はもちろん頭駅と呼んでいる。

頭駅や秘境駅の理由について[編集]

上記にも書いてあった通り、徳川家光が頭をぶつけたからである。しかし、なぜ徳川家光が頭をぶつけて頭駅になったのかというと、この事件は新聞やニュース等にも掲載されて、頭をぶつけるなと、言われたり書かれたりしたので,みんな頭のことを気にして(特にこの駅を利用する人達は頭に手を押さえて)頭駅として世界中で有名になった。

一方、秘境駅の理由は、場所的にもそうだが、徳川将軍(全員)が来て以来、人数が少ないと感じていたから秘境駅として世界中で有名になった。今ではあちこちに「三重町駅は秘境駅及び頭駅です。」と広告等で掲載されている。

Gが出るようになった事について[編集]

1823年4月1日、駅長がいきなり「Gがでたぞ。みんな逃げろ」と言ったので乗客が一気に逃げ出した。「電車がくるまで外で待ってろ」と乗客に言って、その間に駅のすみGKBRHIHIを置いた。そして、電車が来たら、Gが出ないようにするために、乗客に注意を呼びかけながら電車に乗るという方法で現在もそうしている。現在,駅長は変わっているが、前の駅長にこのことを言われたので注意を呼びかけながら電車に乗っている。え、エイプリルフールGが現れた。じゃないよ。たまたまこの日に出てきただけ。

特急列車の停車と通過について[編集]

この駅は、田舎の駅であるため、通過してほしい人がいる。反対に、代表駅でもあるため、停車のままにしてほしいという人もいる。

通過してほしい人に聞いてみると、「乗客数が少ないので、特急列車の止まる必要はない。」といっている。また、停車のままにしてほしいという人に聞いてみると、「代表駅を通過する特急列車なんてあり得ない。」と語っている。停車と通過については地元の人たちにアンケートをとる予定である。と、いうか特急列車なんていらない。

隣の駅[編集]

豊肥本線

下り(大分方面)←菅尾 豊後清川→(熊本方面)上り

歴史[編集]

三重県との関係[編集]

このような名前のため三重県にあるのではないかと勘違いされがちだが大分県にある。また、三重県には三重町という名前の町はない。

関連項目[編集]

Gomen.jpg この「三重町駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)