上杉重房

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「上杉重房」の項目を執筆しています。

上杉 重房 (うえすぎ しげふさ) とは、後に上杉謙信上杉鷹山タッチの上杉兄弟などの有名人を生んだ上杉氏の元祖、初代当主である。重房の子孫は関東管領の血脈に続き、鎌倉公方足利家と壮絶な夫婦漫才を繰り広げることになる。

経歴[編集]

京の公家勧修寺清房の次男として生まれる。始め重房は将軍宗尊親王の秘書や祐筆として政務に携わる傍ら、宗尊親王の連歌の相手を務め、時には将軍のストレス発散のためのサンドバッグにもなった。この頃から既に足利家との斡旋を取持ち、泰氏と知己になる。しかし、ある日泰氏と共に夜な夜なラブホテルに通っていることが将軍に露見してしまい、将軍の機嫌を損ねて一時期遠ざけられた時期もあったという。

やがて親王が鎌倉へ下向すると重房もそれに随行する。鎌倉の窮屈さに耐えかねた宗尊親王はやがて北条家を転覆させるための陰謀を画策するようになり、その間重房は夜な夜な足利家の下に通い、趨勢を伝えるついでに泰氏の夜伽の相手をしたという。しかし宗尊親王の策略は全て幕府に筒抜けになっており、やがて将軍は鎌倉から追放される。

重房は移り気が強く強情な宗尊親王に愛想が尽きかけていたせいもあるが、何より足利一門の肉棒の感触が忘れられず、そのまま足利家の家臣となり足利頼氏足利家時の2代に仕える。頼氏の代になると受動から能動に転じ、高師氏足利頼氏のアナルを巡って度々争い、両者の股間が刃を交える事もあった。

関連項目[編集]


FF5girugamessyu.jpg 間に合った!このまま「上杉重房」を加筆しなかったら、
どうしようもない記事のまま歴史に残っちまうからな! (Portal:スタブ)