上毛三山

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

上毛三山(じょうもうさんざん)とは、群馬出身の三人組ジャズバンドである。

海外でも活躍しており、ドイツでのコンサートではツークシュピッツェ氏、スイスではモンテ・ローザ氏と共演したことがある。

また、海外での活動するときの名前は「JOMO」である。

メンバー[編集]

全員群馬出身の男性。1955年生まれ。リーダーは不在。

Akagi
トランペットを担当しているが、本人曰くコルネットも得意らしい。強く吹くクセは群馬の空っ風かららしい。
Myogi
アコースティックベース担当。もともといくつものグループを転々として活動していたが、他の二人に誘われグループに加わる。
Haruna
ピアノ担当。エレクトリックピアノを使用する。名前だけだと女性に間違われることがあるので、自己紹介の時には必ず「ただのおじさんです」を入れている。
怒ると怖い。
Asama
時々参加する長野県出身(一説によると群馬県)のドラマー。怒るとかなり怖い。現在は活動休止中
武尊さん(ほたか-)
マネージャー。三人とあまり年は変わらないらしいが中二病患者である。彼らの名前がアルファベットなのもそのためである。

音楽性[編集]

クール・ジャズの方向で活動しているが、空っ風のように激しい曲も演奏する。

イメージカラー[編集]

メンバー全員がイメージカラーを持っているが、誰がどの色なのかと決まっていおらず、ファンの間では度々論議の的になっている。

ただし、Akagiのイメージカラーは赤で定着している。

  • Akagiが赤、Myogiが黄、Harunaが青で”信号三山”といわれることもしばしば。
  • 三人で赤、Asamaと武尊さんを白とする場合もある。

略歴[編集]

  • 1974年-大学でAkagiとHarunaが「JOSHU」を結成。この時、Myogiはまだ参加していない。
  • 1975年-HarunaがMyogiを誘い、「上毛三山」を結成。しかしこの名前は本人らがつけたものではなく、地元の友人が冗談まじりで言ったものである。
  • 1978年-この頃からAsamaがグループに参加するようになる。
  • 1980年-アマチュアジャズコンサートで準優勝を果たすが、優勝できなかった原因はAsamaが参加していたからである(Asama本人談)。
  • 1984年-自称スイス帰りの男、武尊さんがマネージャーを務め、スイスに遠征。結果は上々であった。
  • 1987年-初のデビューシングル「Like the Wind is from North」を発売。ヨーロッパのみ。
  • 1988年-国内でニューイヤー駅伝に出演。以後毎年出演する。
  • 1994年-初のアルバム「The Great Mothers」を発売。欧米・ロシアのみ。
  • 1995年-ペルーで活動しているワスカラン氏に招待され、南米でコンサート。
    • 同年にセカンドシングル「A crane lives for a thousand years and a tortoise for ten thousand」を発売。
  • 2001年-ヨーロッパツアーを敢行。南独でのコンサートでツークシュピッツェ氏と交友関係を持つ。
  • 2003年-ヨーロッパツアーの最後はスイスで公演。この時にモンテ・ローザ氏と共演。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「上毛三山」の項目を執筆しています。
この項目「上毛三山」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)