不知火舞

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
オカズ用キャラクター
「日本乳ぃ!」
不知火舞 について、不知火舞

不知火舞(しらぬい まい)は、SNKの対戦型格闘ゲーム『餓狼伝説』シリーズのヒロインを務める、露出コスプレイヤー。『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズなどにも登場する。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「不知火舞」の項目を執筆しています。

概要[編集]

不知火流忍術を継承する巨乳くノ一忍者)だが、それを口実に露出癖を披露する痴女でもあり、SMにも通じている(SMともに)。そのせいか、『餓狼伝説』シリーズの使用可能な女性キャラクターには(ごく一部を除いては)必ず何らかのエロ属性が付加される。

備考[編集]

同じ「不知火流」でも、同門にして求婚者のアンディ・ボガードにはセクハラ技は見られない。従って「セクハラ技やコスチュームは、流派だからイヤイヤ使用している」という主張は成り立たない。ただし、アンディは骨法、舞は忍術、となっているが。一応、日本一という点でのライバルとして早川健がいるのだが、舞については「日本一!!」と叫んでいる割にはどこが日本一なのか不明なため勝負ができない。

活躍[編集]

餓狼伝説での舞[編集]

餓狼伝説2
デビュー作。『餓狼伝説』シリーズ初の女性キャラクター(プレイヤーキャラクター)である。
あまりにハレンチな露出ぶりに、前作からのファンが仰天した(あくまでも当時のレベルで)。キャラクター(テリーなど)ではなく、プレイヤーが餓狼になった瞬間である(もちろん性的な意味で)。
くノ一」を口実に、「対戦相手(男性。すなわち餓狼)を幻惑するため、露出度の高いコスチュームを着ている」、と主張しているが、真実についてはお察し下さい
くノ一」であるのは、当時の『ストリートファイターII』ファン(というか春麗ファン)を取り込むための刺客であるから、といわれている[要出典]。説明しておくと「カンフー使いに対して忍者」というのは昔のB級映画では非常に良くある構図だった。
勝つと巨乳が揺れる。「にっぽんぃ!いちぃ!」
ジュリアナブームに乗って、扇子(鉄扇)を持っている[要出典]
手に持つ鉄扇を投げる、「花蝶扇(かちょうせん)」という技がある。予備の鉄扇は胸元から取り出すのだが、一体、何本隠されているのだろうか?胸は飾りで、中に予備が仕込んであるとか?
「ムササビの舞」という必殺技は、自ステージのみで使用可能な技であった。その特徴はから相手にぶつかるというもので、むしろ相手にとっては精神的にプラスに働く技であった(『餓狼伝説スペシャル』のエンディングで、アクセル・ホークがツルッパゲの頭で受け止めている他、『リアルバウト餓狼伝説スペシャル』のエンディングで、ヴォルフガング・クラウザーが嬉々として受けようとしている)。
餓狼伝説スペシャル
強・龍炎舞の出始めに無敵時間がついたこと等により、(某韓国人に次ぐ)強キャラに。これによってシャイなプレイヤーも「強キャラ使ってるだけだから!」という名目で大っぴらに舞を使用することが可能になり、餓狼プレイヤーが俄然やる気に!
ちなみに「ムササビの舞」が全ステージで使用可能になった。
餓狼伝説3
強敵ブルー・マリー現る!(「ブルマー・リー」ではない)。
ナコルルシャルロット[1]に押され気味の舞だったが、マリーの出現により、一層、旗色が悪くなった。コスチュームの変化もマイナスに働いた、と言われる[要出典]。単に女性キャラが増えてきただけなのだが。
リアルバウト餓狼伝説
マリーに押され気味の舞は、超必殺技として「レオタード忍蜂」を披露した。また、この技で勝利すると、一瞬で和服に着替える特殊勝利ポーズを取る。時期的にKOF94のアテナを参考にしたのだろうか。
最初のステージでリングアウト負けを喫すると、舞が水没した後、扇子と尻(?)が浮いてくる。いかにギリギリだったかが判る(涙)。
マリーはこれに対抗し、勝ちつつリングアウトするとポロリを披露する(リングアウト負けの場合はブラだけが浮いてくる)。まさに「仁義無き(女の)戦い」である。
リアルバウト餓狼伝説スペシャル
マリーに押され気味の舞は、コスチュームを元に戻した。ちなみに本作ではマリーとタン・フー・ルーとビリー・カーンにはEXキャラクターが存在し、アンディには偽物がいるが、舞にはいずれも存在しない。
リアルバウト餓狼伝説2
貧乳少女格闘家・李香緋が登場したが、舞のエロ面での地位が揺らぐことはなかった。
餓狼 MARK OF THE WOLVES
本家『餓狼1』に続いて全く登場せず(「不知火の姉ちゃん」という名前だけは出てくる)。リアルバウト餓狼伝説の10年後?もうオバンどすなぁ。エロ演出はB・ジェニーが受け継いだ(双葉ほたるもかなり頑張っている)。ちなみにアンディは顔見えない状態で北斗丸のエンディングに登場している。
餓狼伝説 WILD AMBITION
シリーズ唯一のポリゴン作品。本作は『餓狼1』のリメイクだが、彼女はキム・カッファンや山崎竜二や李香緋ともども登場している。理由についてはお察し下さい
ボンボン餓狼(細井雄二版)
女性がほとんど登場しないため描くのにも一苦労したらしく、結構作画のブレがひどい。初登場となった第2部第1話では、いきなりテリーに急降下してきたところでカウンターのアッパーカットを喰らってぶっ飛ばされるというヒロインにあるまじき扱いを受けた。
だが、第3部に登場したマリーともども第2部のキム・カッファンとチン・シンザンのように悪人に設定改悪されなかったのは細井もちゃんと分かっているようだ。まあ、舞とマリーを悪人にしたらボンボン編集部に抗議が殺到するのが目に見えるしな。
その代わりといってはなんだが、ダック・キングは弱くて怖がりな男に設定されている。そのためごく一部では「ボンボン餓狼のヒロインはダック」などと言われている。
戦慄の魔王街(石川賢版)
……。

ザ・キング・オブ・ファイターズでの舞[編集]

第1弾の『ザ・キング・オブ・ファイターズ'94』以降、かなりの頻度で登場している。ただし『XI』(家庭用には登場)と『XII』のみ参戦していない。

最初はイギリス代表(「女性格闘家チーム」)としてエントリーした。ちなみにイギリス人は一人もいない。

チームメイトのキングユリ・サカザキ脱衣KOが設定されていた(『龍虎の拳2』の設定を引き継いだもの)が、舞のコスチュームは脱げなかった。当たり前か。
  • その分、勝利画面でコスチュームの布面積が減っている。分からないという人は、戦闘中のドット絵と勝利デモの絵で、脇の部分を見比べてみよう!
  • また、一段と乳揺れが強調されている(海外用では、「揺れない」仕様が基本となっており、揺れさせるにはコマンドを入力する必要があった)。
  • 待機中は扇子を振って踊っている。ジュリアナじゃないんですよ?
以上をもって、痴女キャラクターが確定した(第1弾の段階で…)。ありがとうございました。

しかも「女性格闘家チーム」は第1弾と第2弾で同じく登場していた「韓国チーム」とメンバーのキャラクター属性が非常に似通っていた。

  • 『餓狼伝説』の客演キャラクター=不知火舞とキム・カッファン
  • 変態系イロモノ担当キャラクター=ユリ・サカザキとチョイ・ボンゲ
  • その他のキャラクター=キングとチャン・コーハン

『'95』では、勝利ポーズが、前作で流石にやり過ぎたと思ったためか後ろ向きになり、胸の谷間が一切見えなくなった。残念。しかし代わりに、尻尾部分を和傘にして尻がほぼ丸見えになる勝利ポーズ「ふー、汗かいちゃった」が追加され、尻好きーは喝采の声を上げたという。

第3弾の『'96』ではユリが龍虎チームに引き抜かれ、代わりに重ね当て藤堂香澄が加わった。また、脱衣KOが無くなった(まあ脱衣KOできない舞と麻宮アテナには関係ないけど)。一方、舞は1人目にすると、(背を向けて)和服を脱ぎつつ着替える登場ポーズがついた。これらの要素によりエロ方面は舞の独壇場となる(少なくとも視覚面では)。ちなみに、これ以降『'96』のドット絵がKOF舞のデフォルトになる。

その続編の『'97』では、EDで水着姿を披露。水着なのに普段より露出が減ってる気がするのは気のせいだろう多分。チーム的には香澄が抜けて神楽ちづるが加入。ちづるの肩幅により舞の乳が引き立った・・・気がしなくもない。

『'98』では何も変化ないよ!残念。

第6弾の『'99』では本編で唯一「餓狼伝説チーム」に加わった。ちなみに『'99』の「餓狼伝説チーム」は舞で最終ボスを倒したか否かでエンディングが変化する。

第7弾の『2000』ではマリーと入れ替わりに「女性格闘家チーム」に戻っている。

第8弾の『2001』では引き続き「女性格闘家チーム」である。エンディングにてKOFで初めてチームを組んだ香緋のせいで異様に崩れた顔を見せた。

第10弾の『2003』では2つの女性チームがあるが、舞はマリーとキングのいる「女性格闘家チーム」に加わった。もう一方の「女子高生チーム」は麻宮アテナ、まりん、四条雛子(彼女のみ『2000』と『2001』で舞と同じチームだった)である。ちなみに舞は初登場時すでに19歳であった。

第13弾の『XIII』では初代「女性格闘家チーム」のメンバーとして登場する。

第14弾の『XIV』ではユリが龍虎チームに出戻りとなり、代わってパチスロ『餓狼伝説PREMIUM』から参戦したアリスがチームに加わっている。

番外編である『スカイステージ』ではテリー同様に主人公として登場。超能力者のアテナはともかく、この人が空中を水平移動する様はシュールである。本作ではとうとう四次元懐から無限に鉄扇を打てるようになった。このあたりから台詞の4割が「アンディ」に成りつつあり、『SNK界のヴェイグ』の座に着くのも時間の問題と化している。

余りに有名すぎるため、実写映画版(アメリカ映画)ではなぜか主人公になっていた。勿論このカッコウではない。

その他の作品での舞[編集]

クイーンズゲイト』にも登場。絵師のせいかなんかロリ気味に。また声優が普通の声優に変更。エロのインフレ状態の本作にとっては、舞ですら普通以下でしかない。慣れって怖いね。

DEAD OR ALIVE』シリーズにも『5』以降の作品に客演参戦している。まあ「美少女格闘家を売りにする作品」への出演は妥当であろう。

演じた声優[編集]

曽木亜古弥(曽木康代)
ゲーム
  • 『餓狼伝説』シリーズ
  • 『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズ、他
生きた伝説。
アニメ
  • 『The King of Fighters: Another Day』
三石琴乃
アニメ(大張版)
  • テレビアニメ『バトルファイターズ 餓狼伝説』、『バトルファイターズ 餓狼伝説2』
  • 映画『餓狼伝説 -THE MOTION PICTURE-』
良くも悪くも三石である。むろん演技には問題ないのだが。
林原めぐみ
ドラマCD
  • 『餓狼伝説 宿命の闘い No.1 復讐の狼、No.2 孤高の狼』
  • 『餓狼伝説2 ~新たなる闘い~』
  • 『餓狼伝説スペシャル』
本来、舞は『餓狼2』からの出演だが、ドラマCD版では『餓狼1』から登場している(『餓狼伝説 WILD AMBITION』よりドラマCDの方が先)。ドラマCDでの演技は、舞ファンの耳をバキューン!!するものであった。林原ファンにとっては…?
小清水亜美
ゲーム
  • 『KOF SKY Stage』
  • 『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIII』
  • 『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』
  • 『クイーンズゲイト』
  • 実写映画『THE KING OF FIGHTERS』
  • 『DEAD OR ALIVE5 Last Round』
  • 『DEAD OR ALIVE6』
  • 『SNKヒロインズ Tag Team Frenzy』
滑舌や演技は問題ないが、(他の作品で例えれば『コードギアス』のカレンや『おまひま』の緋鞠みたいに)イケボすぎて正直違和感バリバリである。なぜ変えたし?

脚注[編集]

  1. ^ マリー、ナコルル、シャルロット、この3キャラの声優は全て生駒治美だった・・・・・当時は。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


みさくらなんこつ 不知火舞いじられると …く…なるぅ… うぁぁ..
んあっ!! んあおっ!! もっ....とぉ、いっいじてぇっ!!
ばんじゃいっばんじゃい゙っぱゃんに゙ゃんじゃんじゃいぃぃっ!! (Portal:スタブ)