世界都市博覧会

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

世界都市博覧会(せかいとしはくらんかい、通称世界都市博都市博)は、東京臨海副都心お台場)で、1996年3月から展示されている常設型博覧会。

企画[編集]

生粋の神戸かぶれにして永遠のライバル、1993年当時の鈴木俊一東京都知事が当時開催されていた神戸のポートピア博覧会の盛況を妬み世界各国から観光客を集めようと企画された。大阪万国博覧会の成功体験から抜け出せず半ば強引に推し進めたもの。ホントにオトコってダメねぇ。

そして、これを阻止するべく立ち上がった青島新都知事(当時)が、自身のいじわるばあさんとしての経歴を重ねるために裏開催することを決定して、お台場にさまざまな展示物を展開した。

模倣と挫折と裏開催[編集]

お台場地域を開発するにあたり

  1. 新たに海を埋め立て島を作り
  2. 橋で本土(都心)と連絡させ
  3. 遊園地を作り
  4. 新交通システムを整備し
  5. カタカナ局名のテレビ局を誘致し
  6. 博覧会を開催する

と、徹底的に神戸ポートアイランドを模倣した街づくりを行ったが、それを江戸文化を愛する平成の暴君青島幸男に見抜かれ、最終段階で都知事選挙に敗れて阻止された。この時に発した「都政にサリンをばら撒かれたようだ」との名言が、後に都職員・国家公務員のサリン所持合法化につながり、2007年に外山恒一都知事候補がその危険性を「体制転覆」という形で世に問うことになる。 しかし、実は撒かれていたのはサリンではなく、実は都市の種であった。コメディアン青島の面目躍如といったところである。今、お台場にはさまざまな都市が用意されている。

  • 球体型空中都市---空中都市008と呼ばれるが、単に「8ちゃんねる」とも呼ばれている
  • 前世紀型遺物都市---巨大展示場DICKS内に置かれている。前世紀(20世紀)を模した都市である
  • 海洋型移動都市---ひょっこりひょうたん島の都市版であり、「船の科学館」という名前でカモフラージュされている
  • 海洋型理想都市---これも同じ場所にある。将軍様と一緒ならそこはユートピア!という人々が住む。
  • 女尊男卑型都市---アマゾネスよりも怖い、女性に支配された都市である。ビーナスフォートという別名を持つ
  • 自動車中心都市---車上生活者が集まる都市(MEGAWEB)。車ばかりで道路が少ないのは車上生活の場だからである
  • 円形高層マンション---観覧車とも呼ばれている円形の高層マンションである。すべての部屋が平等に見晴らしを持つ
  • 機械型仮想都市---バーチャルな都市である。セカンドライフよりも現世への復帰が簡単。ジョイポリスとも言う。
  • 2次元型仮想都市---印刷物上の都市である。国際展示場内で期間限定で展示される。通称はコミケ

企画変更の裏話[編集]

世界156ヶ国、全ての都市に出展してもらう予定であった。[要出典]
しかし、実際にはそれだけのスペースを確保できなかったため、当初から紛糾した。
たとえばヨハネスブルグの主張によれば、「出展を認めなければ(以下略)
決行されたとしても、ぐだぐだになっていたであろうことは安易に予想できる。
そこで、実在の都市ではなく、仮想都市を展示する展示会への企画変更が実施された。

キャラクター[編集]

「東京大使」というキャラクターが作られたが、劇薬投与された上死亡した。 (土産物キャラクターかなんかに使えただろーに。)