中部大学春日丘中学校・高等学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避
強力な権力をもった併設大学の「中部大学」とは異なります。

中部大学春日丘中学校・高等学校(ちゅうぶだいがくはるひがおか-)は、名古屋共和国北方の炭鉱を埋め立てて造った格安山地に存在する高等学校中学校である。何故校名に「ヶ」が入っていないのかは不明。「春日ヶ丘」と間違えるが続出。

歴史[編集]

歴史は戦前にまで遡る。中部大学が設立されたのち、当時の検閲により削除らによって「なんかやっぱ高校とか欲しいよね」という鶴の一声が発せられた結果、山地の隅の余った部分に名古屋第一工業高等学校が1963年に設立された。その後なんやかんやあって中学校ができたり校名が変わったりした(本校は頻繁に校名に「中部大学」を付けたり外したりする)結果、現在に至る。

特徴[編集]

学校の組織自体はすべて中部大学が握っている。そのためかホームページにも「教員の給料は中部大学の規定によってきめる!」と書いてある。

そして、この学校は教師のユーモア欠乏症により、なにかとネット上の情報や、噂、批判に敏感である。都合の悪いことがあればすぐに隠す。生徒がバラすようであれば検閲により削除が執行される。PTAが機能していないため、独裁政治が続いている。1人でもやらかしたら連帯責任。その度校則が増える。規制をすれば治まると言った安易な考え方だ。高い学費を生徒から搾り取ることで有名だ。

ゆかいな施設達[編集]

本校舎
本校の玄関に通ずる巨大な建造物。5階ぐらいまである。頻繁に壁を塗り直す。この建物にはハルヒマート図書室職員室音楽室美術室マルチメディア室等が含まれる。大本営。主に進学コースの教室が設置されている。有害生徒を閉じ込めるための名の独居房も存在する。上には鳴らないチャペルがある。曲の題名ではない。本当だ。
北校舎
生徒会室や理科系の実験室等が存在する。国際・特進・啓明コースの教室が設置されている。
東校舎
大きな会議室がある。啓明・進学コースの教室が設置されている。
中学校舎
啓明コースの1部が学習室として使用する。春日丘幼年学校の生徒が使用しており、毎年八割近くが啓明コースに内申する
ハルヒマート
生徒達の生命線である、本校唯一の食糧販売所。微妙な値段でパン・弁当類や制服類、並びに日用品等が販売されている。列を作って並んで整然と購入するのが原則であるが、近年はウェイ族による占領・横領が流行っている。
職員室
無駄に広く、エアコンを無駄遣いする。

コース(兵制)[編集]

進学コース
歩兵連隊。本校随一の兵員数を誇る。本校がマンモス校たる所以。本コース内における上位国民には選抜クラスという椅子が用意されており、選抜クラスにおける上位者は時として特進コースへの切符を手にするらしい(利用するか否かはさておき)。

中部大学に内部進学をする生徒が多く、運動系の部活に所属しているガチムチマッチョ連隊も多数存在する。肉壁による人海戦術を得意とし、集団行動を好む。とりわけウェイ族と称される賑やかな面々は騒がしい。

特進コース
工兵連隊。啓明コースとの比較が頻繁になされるが、意外と修練度が高い。啓明以上の少数精鋭ではあるが、ギミックやトラップの製造に長け、工兵としての活躍は申し分ない(主にその能力は文化祭において発揮されるらしい)。比較的大人しい生徒が多い。
国際コース
外交官・諜報員。ある種独特な雰囲気を纏っており、後述する冷戦においても毎年中立を貫き続けている。その名の通り英語が堪能な生徒や帰国子女が多く、文系の巣窟として機能している。スーパーグローバルハイスクールなる活動における本校の先駆者である(何をやっているのかはさておき)
啓明コース
銃兵連隊。本校の自称進学校体制の根幹をなす存在。だいたい8割くらいは附属中学からやって来る。残りは山から湧いて出てくる(用務員が収穫して突っ込んでいる)。学力においては本校トップと評されるが実際のところはピンキリであり、名前負け感は否めない。ヲタクの巣窟。
中学
幼年学校。マジでヲタクの巣窟(男子生徒の約6割)。一応偏差値は60台だが、2期試験という不要制度によって低偏差値軍団も少なからずいる。が、余りにも低い場合退学になる。幼年学校と言ってる割に優秀生徒は数少なく、むしろ頭のおかしなヲタクが存在感を増している(昼食時の音楽の放送はアニソンと頭ガバガバ女子のKーPOPで独占されている
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

コース間対立[編集]

始まりは創立当初であった。軍部における衝突というものはいつ如何なる時代においても起こり得るものではあるが、こと本校におけるそれは常軌を逸していた。文化圏の異なる両コース間での対立である。進学コースの荒波を乗り越えて運動に精を出すガチムチマッチョ連隊と、啓明コースのヲ=タック銃兵連隊とでは決定的に相容れない部分が存在するらしい。両コースは基本的に仲が悪い[要出典]。一般的な見解としては啓明コースが進学コースを学力面で劣る存在として見下していることが火種となって当冷戦は勃発した、というものが有力である。これに関して特進コースはどっちかについたりつかなかったりする。国際は傍観。「戦争は続くのでしょう―—――我々が滅びゆく日まで!!!」

エクストリーム爆音通学[編集]

神領ダッシュが併設校においても、中部大学生と一緒に神領駅にて開催される。埼玉パーティーピーポー並にうるさい。 神領駅は学校の下校時間になるとすなわち東京駅と化す。人の入る隙間はなくなり、身動きができなくなる。 一部の上級国民や王侯貴族、生徒会役員らはグスタフドーラメーヴェを利用することもある。

校則[編集]

基本的に厳しめ。生徒の発言権はあったりなかったりするが基本的には通年で野党であり、意見が通ることはまずない。 戦時には基本的人権を剥奪する旨が書かれていたような無いような。

林修03.png 「でも」や「しかし」、こういった接続詞があなたの「中部大学春日丘中学校・高等学校」への加筆を邪魔している。…じゃあ、いつ加筆するか?今でしょ! (Portal:スタブ)