二十四の瞳

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、小説について記述しているばい! 漫画につ・い・て・は「24のひとみ」をCHECK IT OUT!! はい!!!

二十四の瞳(にじゅうしのひとみ)とは、1952年に壺井栄が製作した小説及び魔導書である。ページ数は全国の瞳さんが24歳となるたびに増えていく。今でも。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「二十四の瞳」の項目を執筆しています。

作成経緯[編集]

この魔導書が作られたのは、作者である壺井栄が自分自身の名前を嫌になったからである。本当はらしい名前だったのが良かったのに、栄(さかえ)というウィキペディアにおいても男性用の名前だと紹介されてしまう名前をつけられてしまった。後年これに絶望した作者は、男性用の名前だというのを理由に自分の名前を「瞳」とするよう役所に行った。しかしこれは却下され、嫉妬に震えた作者がこの本を作り上げたとされている。

内容[編集]

この本の中身は、古今東西の瞳さんが24歳となったときの一年を自動で綴る本である。一人当たり約12ページ(1ヶ月1ページ)で構成されているが、全国には瞳さんはたくさんいるためものすごい膨大なページ数の本となっている。そのため、ページ数が一定以上を超えないために複数回分裂したことがある(現在までにおよそ103回分裂したとされている)。

このような本となったのは、作者が全国の瞳さんの書き綴られた不幸を読んで笑い飛ばすために作られたからであろうと思われている。しかし、内容については幸福不幸かは当然この本に決めることはできないため、そんなに鬱な本ではない。

本のルール[編集]

  1. この本に書かれるのは全国の「瞳」という名前の女性の1年間のみである。ただし、実は読みが「ひとみ」なら何でもよい。このルールにより、ひらがなカタカナはもちろんのこと、「仁美」、「一美」、「日登美」、「眸」なども良いのでである。ただし吉田一美のように読みが「かずみ」で違う場合は綴られない。また、山口瞳のように男性でも駄目である。
  2. また、芸名においてのみ瞳だったとしても、24歳の時点でそうであるならばこの本に綴られる。ただし全年齢対象の本のため、AV女優はアウト。また、ホストクラブの源氏名程度でも載らない。
  3. 主に綴られることは本人にとっての重大なこと。些細なこと程度は載らない。ただし、それは人それぞれで何も無い寂しい人生を送っている女性ならば、「イケメンに声をかけられた」程度でも綴られる。(ただし、作者の意図したように笑い飛ばされることは間違いない。)
  4. ゲーム、アニメなどのキャラクターでも24歳の場合には載る。ただし、年がスキップした場合は載らない。
  5. 途中で死んだ場合には白紙となる。さすがに作者も死ねまでとは嫉妬していないため。

綴られた一例[編集]

斜体で描かれているのは本文からの引用。

黒木瞳(1984年10月5日から)

今日で大地真央さんと共に宝塚歌劇団を退団します。そして一緒に芸能界で羽ばたきます。

当時宝塚歌劇団月組において大地真央と共にトップスターであった黒木瞳が退団した年。その後の彼女の活躍は明らかであり、作者は天国からかなり嫉妬したらしい。

矢井田瞳(2002年7月28日から)

ダーリンダーリン。

東京ドームでクリスマスライブが行えるほどのファンを持ち、今では日本を代表するシンガーソングライターである。当然、作者の嫉妬は頂点となる。

吉澤ひとみ(2009年4月12日から)

Hello!は永久に不滅。

伝説とも思えるアイドル『モーニング娘。』のリーダーにもなったアイドル。この年ハロープロジェクトから巣立つ。惜しまれながらの巣立ちに作者の嫉妬は加速する。

若原瞳(1977年6月7日から)

今、私の本当の意味での役者デビューが始まる。

ここからウィキペディアでも記載されるようなドラマに出れるようになる。その後も連続ドラマなどで活躍。当然作者の嫉妬はいうまでもない。

外国版[編集]

なお、「Twenty Four Eyes」という外国版もある。中身も外国でなく日本を舞台にしているのだが、英語なので書かれている人が「瞳」ではなく「アイ」となっている。瞳と同じようにアイも「愛」、「藍」、「亜衣」、「あい」なども載っているので日本語版よりもかなりページ数が多くなっている。

関連項目[編集]


この項目「二十四の瞳」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)