二本差し

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「二本差し」の項目を執筆しています。

二本差し(にほんざ-)とは、江戸時代に流行した性交体位の一つ。

概要[編集]

江戸文化は町民文化庶民文化の爛熟期であり、猥雑さを秘めたコンテンツが一気に普及した時期であった[要出典]。特に首都である江戸近郊、いわゆる「御江戸八百八町」は物も色も溢れかえり現代日本にも通じる多種多様な娯楽が氾濫していた。その中にあって、やはり中心となったのは性的な文化であり今の言葉で言うと「エログロナンセンス」の極みとなっていった。

そんな文化の中で、日本において古代から貫かれてきた一夫一妻制度を取っ払い、より快楽を追及する考えが生まれるのは自明の理というものであろう。そういう考えは戦国時代に僧侶階級の間で流行し[1]、泰平の世となった江戸時代には武家や庶民の間にも流行した。

形式[編集]

基本的には男女2:1の構図となり、後ろへ同時に挿入しそのまま性交するという単純なものだが「同じ女を同時に抱く」という事で男同士は絆を深め女は女で倍の快感を得る[要出典]とされている[2]。更にも使った三刀流や、数珠繋ぎになる「念仏講」など様々なバリエーションが記録に残っている。

ただし江戸庶民にはこの相手を探すのが意外と難しく、専ら春画や猥談の題材として扱われる事が多かったらしい。翻って武家階級では、金や権威にモノを言わせて選り取りみどりで、多くの武士が日常的に二本差しを楽しんだとされる。この事は現在でも武士を「二本差し」と呼ぶことからも明らかであり、江戸文化の奥深さを現代に伝えている。

脚注[編集]

  1. ^ 浴びるほど欲にまみれながら煩悩を燃やす中で開いた悟りこそ真実である、として般若湯を飲み女も抱き蓄財すること何万貫。「俗を知ることで聖を知る」、として皆頑張ったのである。
  2. ^ 一対一ではないため、四十八手には入っていない。

関連項目[編集]

この項目「二本差し」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。