二枚舌

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ母性が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

二枚舌(バイリンガル、英語: bilingual)は文字通り二枚のを持っている人間である。

概要[編集]

実は母国語のほかに外国語を流暢に話せる人には舌が二枚あるのである。そもそも一枚の舌で2つ以上の言語を操るのは不可能であるため、多言語を流暢に話せるようになるとその言語にあった舌が新たに生えてくる。舌にはそれぞれ個性があり、例えばヒンディー語を話せる舌は激辛カレーに耐えられる舌であり、またロシア語を話せる舌はウォッカ依存症に陥りやすい舌である。

舌を二枚持っている人物[編集]

  • 森喜朗
    • 彼は二枚の舌を持っている、一枚は軽く、もう一枚はピエロの仮面を被っている。
  • 舌切り雀
    • バイリンガルだったゆえに舌が回りすぎて人々の反感を買い舌を斬られた雀の話。

スプリットタン[編集]

二枚舌と似て非なるものとしてスプリットタンと呼ばれる別れ舌がある。こちらは元々一枚しかない舌を身体改造によって二分割することによって二枚舌を実現している。ただスプリットタンにすることによって人工二枚舌になっても結局は舌一枚を分割しているだけのため、実情半分舌二枚の一枚舌である。そのため元々二枚舌の人間には敵わない。結局二枚舌という天性のギフトもちには届かないのだ

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「二枚舌」の項目を執筆しています。


この項目「二枚舌」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)