ごじゅうおん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
だいぶぶんがひらがなでかかれたもの。ふくとしんせんしんじゅくさんちょうめえきにて。

ごじゅうおんとは、いちねんせいのひとたちがよくつかうつかうげんごであって、これをしらないとにほんじゃやってけないゲンゴでもある。

いちらん[編集]

ひらがな


 
 
 
 

かたかな

ンワラヤマハナタサカア
 ヰリイミヒニチシキイ
 ウルユムフヌツスクウ
 ヱレエメヘネテセケエ
 ヲロヨモホノトソコオ

ヅレテルケトキニシナイデクダさい。

つかいかたのちゅうい[編集]

てんてんとかまるをつけるとよみかたがかわるけど、つかえないもじのほうがおおいのでちゅういがひつようである。

これのりてん[編集]

ここまでよんだひとのたいはんはかんじがなくてよむのにくろうしているだろう。だが、それはあたまがかたいショウコである。なぜならばにさいからごさいくらいのこどもはすらすらとよむことができる。アイキューはねんれいがあがるごとにさがるけいこうがあるからである。だからこれをよむのにくろうしているのはあたまがかたいしょうこである。もしちかくにそれくらいのこどもがいるならばよませてみるといい。きっとスラスラとよむはずだ。

せいりつのハイケー[編集]

なんか、サンスクリットがもとみたい。すずみやハルヒのせいふくのとこのもじみたいなやつ。じゅんばんがいまのようになったのは、むかしのえらいおねえちゃんがテキトーにかいたから。

おぼえるときは[編集]

イロハうたとかもつかってもいいきがするけど、だれもきにしない

それと[編集]

にほんじんならだいたいしってるけど、にほんじんしかしらないからきをつけよう。だからがいこくでつかえるのはハワイくらい。まちがってもキタチョーセンでつかわないようにね。

カンレンこーもく[編集]